9・16被弾圧者の勾留理由開示裁判の傍聴記録 9月25日

430法廷、最も小さいところ。20人しか入れない。

9:58 法廷前へ、カメラや携帯は持ち込み禁止。預けると中身をみられるから仲間に預ける。中の張り紙に「携帯は電源を切るように」という張り紙があった。矛盾。
「氏名不詳の男(〇〇▲▲▲)」と法廷の入り口に貼られていた紙に書いてあった。矛盾。
429法廷は35人は入れる。そっちが開いているのだからそっちでやれと抗議。
なかなか始まらない。被疑者が弁護士と接見していてそれに時間がかかっていると説明された。

1030 428法廷に警察が待機しているのを見た人がいるらしい。その法廷で裁判は開かれていない。扉を開けようとすると警備員が何人も立ち並んで阻止する。扉についている小窓には内側から紙が貼られていて中が見れないようになっていた。抗議。

1033 一之瀬弁護士登場。428法廷の中を見せろと警備員に言うも拒否される。

1036 入廷。驚くほど狭い。そのことに抗議して二人退廷を命じられる。立て続けにもう一人。警備員による暴力的な排除がいきなり行われた。弁護士も「まだ開廷もしていないのにこんなに退廷を命じるのはおかしい、法廷警備権の乱用であり、撤回すべき、裁判官失格だ」といった旨の抗議。拍手がおこりまた一人退廷。

1040 被疑者が順に入廷する。「品川」入廷。笑顔をみせる。声をかけた一人が退廷。すでに5人目。被疑者二人は両脇を警察官が一人ずつ固めている。用意された席の位置が、弁護人席の前に被疑者一人、傍聴席の前に被疑者一人という位置関係で、弁護人との相談ができないではないか、席の移動をせよと被疑者が抗議するも拒否。理由を聞くと「理由を話す必要はない」と裁判官。

1045 「愛宕」への個人情報関係の質問。黙秘。唯一答えたのは「職業は?」「裁判官」と笑いを誘う。「品川」も黙秘。黙秘している氏名不詳の男なのに本名が認定された。検察官が名前を明かさなかったので弁護人が抗議、「愛宕」立ち上がって詰めかける。「愛宕」の担当らしい。検察官はヨシダと名乗る。下の名前はジュンイチらしい(「愛宕」談)。

1047 被疑事実。
「愛宕」について「背で押しながら左胸を右ひじで打った、公務執行妨害、それを疑うに当たると判断、住居が不明、逃亡・証拠隠滅を疑う相当の理由があると判断した。」
「品川」について「左胸を一回ひじ打ちした、公務執行妨害、それを疑うに当たると判断、住居が不明、逃亡・証拠隠滅を疑う相当の理由があると判断した。」
これにより拘束の必要があったと判断した。「関係者への連絡」という旨の言葉があとで重要視されていたが、ここでは記録しきれなかった。

弁護士 関係者とはなにか?それはどういう意味なのか、明らかにせよ。
裁判官 「一件記録にあるとおり」としか答えない
弁護士 一件記録によれば、とあるが、家宅捜索があった。その情報もあったはずだ。住所不定と言うのはありえない。その上でどう説明するのか?
裁判官 「一件記録にある通り、それ以上の説明は致しません」
弁護士 大家の賃貸借契約書も押収されているはずだ、それを踏まえてどう説明するか?
裁判官 「答える必要がありません」そして求釈明書を早く読むようにと促す。

少しもめるが、求釈明書に移る(記録しきれなかったのでざっくりとまとめます)。
・公務は具体的にどう妨害されたのか?
答えません


・被疑者の逮捕時点での周囲の状況は?機動隊の動きはどうだったのか?それはなぜだったのか?公務執行妨害とは公務が正当であることが前提のもの、例えば、警察が人を殺しまくっているときにそれを妨害しても公務執行妨害にはならない。なので、まずはそこを釈明せよ
・規制の中で押す、ひじ打ちの事実を確認できるのか?警察は同じようなことをしていなかったか?
・「愛宕」、揉み合いの中でたまたま接触しただけなのか、本当に押していたのか?
・「品川」、ひじ打ちの具体的な程度は?周囲の人ごみの状況は?故意かどうかは?
・時間的な前後関係は?
・警察官による「品川」への暴行に対して、警察官の側のけがはどのようなものだったか?
・「愛宕」、かなり具体的な説明があるが、あの揉み合いの中で振り返りざまにひじ打ちというのが物理的に可能なのか?
・規制の在り方も釈明されねば公妨かどうか判断できない
・両被疑者の行為を現認したのは誰か?当時は暗く、視認も信用性がない。どうして交流を許可したのか示せ。
・故意だったといえる根拠を示せ

裁判官 「各被疑者の行為については、被疑事実の通り、一件記録にある通りです」
「品川」  「書いてある通りを信じたのか!」
裁判官 「静かにしなさい」
弁護士 「振り向きながららひじ打ちが被害と言うことでいいですね?振り向く最中に打ったのか?振り向いた後で打ったのか?」
「愛宕」  椅子の背の上に座る
裁判官 「ちゃんと座りなさい」
弁護人 「裁判に集中してくださいよ」

傍聴席からも抗議

1109 また一人退廷

裁判官 「記載の通りです。これ以上は答えません、次に進んでください」
弁護士 逮捕されたのは路上において、集会が行われていた場所なのか?歩道?車道?
裁判官 書いてある通りです。それ以上は答えられません。
弁護士 「品川」ではデモと記載、「愛宕」では集会と記載、どちらなのか?
裁判官 意見の陳述に移ります
弁護士 まだ終わってないぞ(少しもめる)

求釈明書に戻る。


・機動隊の情報…は第一線に立つ人ではないのになぜひじ打ちを受けたのか、釈明を。
・目撃者や、映像などの客観的な資料は?
・客観的な確認の証拠の有無
・実況見分は行われたのか?それがないなら怠慢
・被害者である警官の供述以外の証拠は?

この段階で裁判官に釈明を求めたが、「3以降についても進めてください」と裁判官。少しもめる。「最後まで読み上げたら釈明するか?」と聞くと「あとでしますので」と答えたので進む。


・住所についての資料はないのか、大家の賃貸借契約書があるはずだ
・黙秘しているのに家宅捜索があったから住所は分かってるはずだ、しかし住所不定を勾留理由に掲げている、釈明を
・証拠隠滅の恐れはどこにある?
・隠滅されうる証拠とはなにか?
・関係者と通報して共謀したと言うがその根拠を示せ
・被疑者交流によって隠滅を抑えられた根拠は?
・逃亡すると考える理由は?
・二人が黙秘しているから交流しているとしか思えない。
・「品川」はかなりの暴行を受け、一週間たってようやく病院に行けた、これもおかしい。そういう不正な記録はあるのか?本人も最初から病院に行くことを求めていたが、その記録は残っているか?

裁判官 最初に言った通りです、それ以上の釈明の必要はありません

弁護士 求釈明に対して、まったく何も答えないというのは異例。改めろ!以前に担当した勾留理由開示公判ではもっと丁寧に答えていた。被疑者の「法の下の平等」に反する。同じような事件なら、同じようなレベルの理由が開示されなくてはならないはずだ。

裁判官 検察はどう思う
検察官 その理由を認めません
裁判官 では意見陳述に移ります
「品川」、意見陳述(裁判官に背を向け、傍聴席に向かって)
「私は何も悪いことはしていません。被疑事実も手続きも不当、臨とされ、監禁されている。指紋を取るのも拒否。ロープで腹を圧迫し、首を絞めて強制した。樺美智子、小林多喜二を思い出さずにはいられない。警察、検察、裁判所、国家権力は国家のために一体となって動いている。この「勾留理由開示しない裁判」は当たり前で、弾圧を目的としたもの。捕まった時から人間として負扱われない。そもそも代用監獄はおかしい、起訴前から刑がおこなわれているようなもの。電気は消えず、昼はコッペパン、管理されて、トイレにも窓がある、ロープでつないで更新させられる。推定無罪なのに、まるで犯罪者。検察でも「動くなカス」「ここはシャバじゃねーんだよ」と言われる。ありふれた平和、今ある平和を守るというのは欺瞞。理不尽な暴力は今も行われている。どうしても法を犯さなければならない人はいて、それを社会から見えなくしてしまう。戦争、国家の暴力に反対するのはそういう人を思うから。そして、その犠牲の上に立つ私たちの生活を考えないといけない。警察、検察、天皇制などは人民に敵対するものである。日帝国家権力は一貫して国内外の人民を弾圧してきた。反戦のうねりを聞きと考えた権力が弾圧をしてきた。それを団結しては跳ね返す直接行動をしていこう」

「愛宕」、意見陳述
全部茶番、ブルジョア法の下ではこんなものだと思う。自由を奪うことについてどう考えているのか。1、安保法は金もうけのために軍事をやる。これはなぜか。近代の侵略は邦人の保護から始まった。日本は朝鮮戦争で経済成長をした。戦争に支えられている。2、安保反対運動には凄い規制があった。なぜそこまでして国会前の秩序を守らなければならないのか、そこで表現の自由を本来なら優先すべきでも、それを圧殺してきたのが警察。3、16日の前でも不当な弾圧はあった。16日は見せしめのためだった。身柄を拘束されたときに、既にどんどん捉える方針でいくことはきまっていた。被疑事実も言わない、弁護人も呼ばない、こういったことは憲法からしてもおかしい。あとで署で指紋を取るのも、羽交い絞めにして取った。拷問があった。捕まるときにも蹴りを入れられた。警察や裁判所なりが秩序として定めたものを守るためには暴力を振るっても構わないと考えていることが見える。茶番と暴力に支えられている安保法制。釈放した人との差は黙秘、黙秘に対する懲罰的な勾留だと考えられる。黙秘権の否定は大きな問題。検察はチームでやってるのに、被疑者は別々に拘留されるのも不当。13名みんなでっちあげである。嫌疑なしの不起訴と賠償をすべきだ。」

弁護人、意見陳述
一人目
「明らかなでっちあげ、デモ規制中どういうことをしていたかも書いていない。状況を捨象して判断するのは不当。ここが大きな本質。みんなほぼ同じような状況で捕まっている。信憑性の弱いものであり、不当。「愛宕」の言うとおり即時釈放すべき。書類もお粗末。」

二人目(アサノ弁護士)
「後ろにのけぞるようにしながら肘打ち…理解不能は被疑事実。不当な交流のお墨付きを与えたのは裁判所。本日の裁判官の訴訟指揮はとても不当。不誠実。職責を果たしていない。(愛宕「偽裁判官!」)被害者が「偽裁判官」と言うのはその通り。文書にも中身がない。この裁判はその内容が問われるべきものんはずだ。本当に拘留の理由になるようなことは何もない。安倍の戦争する国の先兵になっているとしか言えない。」

三人目(イチノセ弁護士)
「本当にでたらめ、始める前から傍聴人を敵視して退廷させた。開廷もしていないのに。あなたの態度は権力の犬だね。あれだけ真面目に作った求釈明にも全く答えてない。検察官も苗を言わないのはおかしい。(愛宕「そうだよ、言わせろよ!」裁判官「被疑者、退廷」退廷させられそうになる、もめる、退廷は免れる)裁判官も安保法制が意見と言うのは分かるでしょう。ますます明らかになってきている。安倍はそれを多数決で強行した。裁判官、あなたと同じだ。あなたみたいな酷い裁判官見たことないよ!(この間も裁判官は頻繁に時計を見ていた)」

裁判官「時間になりましたので終えてください」

抗議、傍聴人も抗議

「全員退廷」が出される

2015-09-27 PM-14:15