Solidarity with Palestineパレスチナ連帯 

2020/06/28 22:34 (14 時間前)

To パレスチナ連帯, Bcc: 自分
[Report:イスラエルの刑務所でパレスチナ人勾留者の95%が拷問を受けている]
イスラエル当局は勾留者に対し、包括的な暴力のシステムを通じて拘留者を肉体的および心理的に拷問するために複数の方法を採用している。
そして、性的虐待、家族の殺害、家屋の取り壊しなどを用いても脅迫している。
[Report: 95% of Palestinian detainees tortured in Israel’s jails]
The Israeli authorities also threaten the detainees with arrest, sexual abuse and killing of their family members, and demolishing of their homes.
 
 
[ハマスは、イスラエルによる囚人の拷問を止めさせるよう国連の助けを要請した]
これは、グループのスポークスマンであるAbdul Latif al-Qanouaの声明で、国連で制定された「拷問の犠牲者を支援する国際デー(6月26日)」に向けたものです。
「イスラエルによる戦争捕虜への継続的な拷問は、イスラエルの指導者たち(国連の)国際刑事法廷に連れて行くための外交行動必要性を問うている」とal-Qanouaは言った。
[Hamas urges UN to help stop prisoner torture by Israel]
This came In a statement by Abdul Latif al-Qanoua, the group’s spokesman, on the International Day in Support of Victims of Torture being marked today.
“The continuous torture of prisoners of war by Israel requires a diplomatic action to take its leaders to international courts,” al-Qanoua said.
[ガザで、併合に反対する大規模デモ]
数百人のパレスチナ 市民が、イスラエルの併合計画に抗議するために、ガザ地区南部のRafahを横断して人間の鎖を作った
[Massive demonstration in Gaza against annexation]
Hundreds of Palestinian citizens formed a human chain across Rafah, southern Gaza Strip, to protest Israel’s annexation plan.
 


このニュースメールは、FaceBookの”パレスチナ連帯”アカウントでもご覧いただけます。
 
このニュースメールが不要の場合は、下記のアドレス宛メールにてお知らせください。
件名に「不要」とだけお書きになって、本文にお名前だけを書いてお知らせください。
よろしくお願いします(西垣内牧子より)
⌘ Solidarity with Palestine
2020-06-29 PM-12:53

5月18日京都地裁前抗議行動

0518京都地裁前行動202005京都地裁抗議呼びかけチラ202005京都地裁抗議呼びかけチラシ②202005京都地裁抗議呼びかけチラシ①

反弾圧実行委のみなさん
京滋実行委員会呼びかけで京都地裁前の集中行動を開始しました。
本日、5月18日(月)~5月29日(金)まで2週間
11:45~13:00の昼休みを狙って、裁判所への抗議アピー
スタンディングを行います。
1日目の今日はちょうど30人の参加でした。
横幕や、パネルを持って通りを行く人にアピールし、裁判所に出入りする人や
通行人の市民にはビラを渡し、マイクでは300日を越える不当な長期勾留抗議!
拘置所は究極の三密状態だ!早く釈放しろ!などを訴えました。

2020-05-19 PM-13:02

3・7  渋谷へ!美竹公園の監視カメラ設置に反対するデモへ!

直前のお知らせすみません!

美竹公園監視カメラの件でこのかん署名などご協力ありがとうございます。

賛同個人328名、47団体もの署名お寄せいただき

http://minnanokouenn.blogspot.com/

2/13第一次提出、3/2第二次提出、

おかげさまでまた監視カメラは設置されていない状態です。

が、渋谷区は計画変更はない、年度内に設置するとの方針を撤回していません。

なので、ねる会議呼びかけで緊急デモをやることになりました。あす3月7日(土)の昼です。ご参集お願いします!

   ↓

渋谷・美竹公園の監視カメラ設置に反対するデモへ!―オリンピック・パラリンピックのための治安管理を許さない―

37日(土)13時半集合、14時デモ出発

渋谷区立美竹公園(渋谷1-18-29)に集まってください

※新型コロナウィルス感染予防のため、集会および講演(稲本誠一さん)は中止にいたしました

主催  ねる会議

 

~~~

 

渋谷区立美竹公園。20年以上にわたり共同炊事(炊き出し)の場所であり、野宿者の寝る場所であるこの公園に、渋谷区は、今年度中4台監視カメラを設置しようとしています。区はハロウィーン対策を皮切りにして415台もの監視カメラを公園や商店街などに設置するため予算を計上し、すでに各地で作動してます。その目的として警備受託者のセコムと結んだ仕様書によれば「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え」、「渋谷区基本構想の重点項目『区民や来街者の安全・安心の確保』が喫緊の課題」としています。また「受託者は区からの要請をうけた場合は、指定された公園に速やかに駆けつけ、現地状況に応じた対応を行うこと。」とあ

ります。監視カメラの設置は、今年開催されようとしているオリンピック・パラリンピックのための治安対策であることに間違いありません。

美竹公園を含む場所においては渋谷区、東京都による再開発計画が浮上しています。同公園のうち、区役所仮庁舎設置のために利用されていた部分は、新庁舎移転、仮庁舎解体後も使用ができない状態です。隣接の交番には監視カメラがつけられており、その上さらなるカメラの設置は、過剰警備であり、共同炊事への妨害に他なりません。

人が生存していく上で必要不可欠な条件は食べることと寝ることです。これまで官民一体となって押し進められてきたジェントリフィケーションにより寝場所を奪われきた野宿者にとって、監視カメラの設置はまさに生存そのものを脅かすものであり、重大な人権侵害です。

公園は誰でも自由に利用できる公共の場所のはずです。仕事休みの憩いの場であり、集会やデモといった表現の場として機能してきました。しかし監視カメラの設置によってその姿が覗き見られ、プライバシーが侵されてしまいます。

私たちは生存や人権を奪い取る監視カメラの設置を絶対に認めません!多くの皆さんもともに反対の声をあげてください!

2020-03-06 PM-17:01

コロナ対策に名を借りた「緊急事態」反対!緊急行動

<日時>3月9日(月)14:00~17:00 ・ 3月10日(火)14:00~17:00
<場所>衆議院第二議員会館前
<内容>横断幕を持っての座り込みと、発言、シュプレヒコール、チラシ配布など
<対象>賛同する方ならどなたでも来て下さい。また、どんどん発言して下さい。集会に参加できない方はメールをください集会で読み上げます。
kinkyukoudou@protonmail.com
<シュプレヒコール>
○新型インフルエンザ対策特別措置法の改悪反対!○ウイルス対策に名を借りた戒厳令反対!
○安倍政権にフリーハンドを与えるな!○安倍政権の独裁を阻止するぞ!○忖度ファシズム反対!
○安部政権を倒そう!○命と人権を奪う安部政権は今すぐ退陣しろ!
<集会の呼びかけ>
安倍政権は、法的.科学的な根拠の無い全国一斉休校を要請しました。
多くの自治体はそれに追随して、何の議論も無いまま休校を決定しました。私たちは安倍晋三の一声で、法律も何も関係なく、全国が従ってしまう事態に恐怖を覚えます。これは「忖度ファシズム」と言っても過言ではありません。
新型インフルエンザ対策特別措置法の改悪は、法律無視の安倍政権にフリーハンドを与え、「忖度ファシズム」を強化することにつながります。すでに、法案が提案される前にもかかわらず、コロナ対策と称して様々な施設が使用できない状態になっていて、集会が中止に追い込まれ市民の政治活動が制限されています。この法案が可決されれば、さらに制限が強化され、事実上の「集会禁止令」につながることは明白です。安倍政権は、これまでのコロナウィルス対策の失敗をこの法律の改悪でごまかそうとしています。このような安倍政権に強大な権限を与えることは、戒厳令に等しい状況になる危険性があります。 また、改憲の緊急事態条項の先取りともいえます。
命と人権を奪う安部政権を退陣に追い込み、新型インフルエンザ対策特別措置法改悪に反対していきましょう。
<呼びかけ団体>都教委包囲首都圏ネットワーク(連絡先090-5415-9194)
添付ファイル エリア

 

2020-03-06 AM-11:18

反五輪運動の仲間への不当な家宅捜索に抗議する!

2020年2月18日(火)朝8時過ぎ、五輪反対をともに闘うAさんの居所(テント)に、不当にも家宅捜索(ガサ)が入りました。被疑事実は「免状不実記載」。令状をチラ見せしただけで、警視庁公安部公安二課警部・大林馨を始め、赤いベストを着た約30名もの私服警察が、生活空間に無理やり入りこんできました。睡眠を妨害され外に出され、写真を撮られ身体捜索。ヘアキャップを被った警察官が、コロコロをなめるようにチェックし「髪の毛ありました!」と毛髪計3本を押収、色々な物に粉をはたいて指紋を採取しようとしたり、「口の中からDNAを取らせろ」と要求してきました。Aさんが「任意ですか?」と聞くと「任意」だと。断りますと拒否したところ、「じゃあ、あとで強制するかも」と脅してくる。最悪です。
近所からの知り合いや駆けつけた仲間たちが抗議しましたが、警察は「被疑者の人権」を理由に写真撮影の邪魔をし、規制線からはるか遠くまで立ち入れないようにしました。一方、Aさんは寒い中、上着を着ることも許されず、「立ち会いしてもらわないと困る」と大勢の警察官に捜索が終わるまで取り囲まれたまま延々立たされ、トイレまで監視されました。何が「被疑者の人権」だ! あらゆる書類や持ち物をしらみつぶしに調べられ、捜索は約3時間半に及びました。
パソコンや携帯電話、手帳や身分証、銀行カードなど、個人情報が分かる私物をたくさん持ち去られました。そして終了間際、一度断ったにもかかわらず再度DNA採取を求められ、さらに、所轄署への任意同行を求められましたが、Aさんはなんとか断りました。
「免状不実記載」は、警察が気に食わない運動団体をつぶすために、活動家に弾圧をかけるにあたって出してくる微罪中の微罪です。住所移転の届け出をしてない人、忘れてる人など世の中にごまんといます。いつ誰がやられてもおかしくない、これは半年後に控えた東京オリンピックを目前に、反五輪の仲間を狙った弾圧であり、オリンピック反対運動を萎縮させようとする、警察権力による運動つぶしの嫌がらせに他なりません。
さまざまな事情により、身分証の記載とは、ことなる場所で生活をしている人たちは間違いなくたくさんいます。Aさんもその一人です。警視庁はほぼ同時刻に、Aさんの知人宅にも押しかけて不当捜索を行い、Aさんの物ではない、知人の大切な私物も押収しました。オリパラでやりたい放題の警察の暴挙です。絶対に許すわけにはいきません。
Aさんのところには、いつ何時また出頭を求めて警察が現れるか分からない状態が続いています。また、個人情報のうち、もっともセンシティブ情報といえる生体情報、DNA採取まで強制しようとする、今回の不当捜索の非道さを声を大にして糾弾せずにはいられません。民衆を監視・抑圧することでオリンピック・パラリンピックは成り立っています。反五輪運動を闘う私たちは、今回の不当な捜索を強行した警視庁公安、そしてその求めに応じて唯々諾々と不当な令状を発給した東京地裁裁判官を絶対に許しません。
私たちはAさんへの不当弾圧に徹底的に抗議し、反オリンピック運動つぶしと真っ向から闘います。
持ち去った私物をいますぐ返せ!一切触るな!オリンピック弾圧やめろ!警察公安をオリンピックもろとも解体するぞ!ともに抗議の声を!

2020年2月20日
反五輪の会 NO OLYMPICS 2020
2020「オリンピック災害」おことわり連絡会

2020-02-21 PM-13:19

救援カンパのお願い

反五輪を闘う仲間に対しての不当な弾圧に抗議します!
毛髪やDNA採取の要請など、究極の情報収集はアメリカ型の
テロ弾圧とも思えるもの。権力側の並々ならぬ決意を感じますが、
私たちはひるまず、断固闘いを継続します。
みんなの力で弾圧を跳ね返そう!

弁護士費用等、救援のためのカンパを呼びかけます。

よろしくお願いします。

カンパ振込先 郵振 00120-7-324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会」

「オリンピック弾圧救援カンパ」と明記してください

★今後の取組やその他情報は、

反五輪の会 NO OLYMPICS 2020 (@hangorinnokai) | Twitter

2020年オリンピックおことわり!http://www.2020okotowa.link/

【オリパラおことわり【毎月24日】スタンディング】

7月24日の五輪開催日にあわせて毎月24日にスタンディング・アピールしています。今回は2月24日17時に東京駅!

弾圧に対しての抗議アピールもします!来てください!

2020-02-21 PM-13:18

2月17日(月)関西生コン対「週刊実話」民事裁判

13時~14時 東京地裁前で情宣、ビラまき

14時~14時半 警察庁抗議行動

15時15分~ 傍聴整理券交付

16時~ 705法廷 「週刊実話」弾劾、デマキャンペーン民事訴訟

2020-01-24 PM-16:59

10・京地検は「勾留延長請求」絶対するな!地検前行動》22天皇即位式弾圧・2名の仲間を今すぐかえせ! 《11・1東京地検は「勾留延長請求」絶対するな!地検前行動》

日時■11月1日(金) 午後2時
集合■日比谷公園霞門内(地下鉄『霞ヶ関』駅すぐ)→打合せ後、地検前に移動

※10月22日の天皇即位式反対デモ(500余名・銀座)で逮捕された3人の仲間のうち、
1人は25日に奪還しましたが、2人はいまだ獄中です。
1980年代に広がった大衆的な反天皇制街頭行動の命運がかかった弾圧です。

11月2日の勾留期限を前に、さらに10日の勾留延長を絶対させないために、
検察前で大抗議をします!ぜひ来てください!なかまをかえせ!

【救援カンパもぜひお願いします!】
弁護団は抗告や理由開示公判に全力を尽くしてくれています。ぜひカンパを!

送り先→【郵便振替00100-3-105440】「救援連絡センター」あて
※共用の宛先です。「10・22天皇即位式弾圧救援カンパ」と必ずご明記ください

【10・22天皇即位式弾圧救援会】

 

 

2019-10-31 PM-12:49

救援会声明  10・22天皇即位式反対デモでの3名不当逮捕を許さない 早期奪還への支援と救援カンパをお願いします‼

天皇即位式のための厳戒態勢のなかでの不当逮捕
 2019年10月22日、新天皇ナルヒトの即位式が皇居で行われました。台風の被害もつづくなか、世界各国からの400人もの招待客を招き、莫大な税金を費やし、2万6千人の警察官が厳戒態勢をつくりあげるなかで強行された即位式でした。高御座から即位を告げるナルヒトとそれに応える万歳の声は、主権在民と政教分離を破壊する、まさに天皇制にふさわしい儀式でした。
「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク(おわてんねっと)」は、この日、新橋から銀座にいたる「10・22天皇即位式反対デモ」を決行しました。500名をこえる参加者は、「祝わない」「税金かえせ」「即位式中止を!」などと書いたプラカードを手にして抗議の声を上げました。デモカーからは歌が流れました。
警視庁は、20年ぶりに設置されたという「最高警備本部」による弾圧態勢を背景に、この日のデモへの敵対的妨害を露骨におこないました。デモを両側から規制する重装備の機動隊は、参加者に手をだして腕をつかみ、押し、耳元で「早く進め!」と大声を張り上げるなどの妨害をくりかえしました。
逮捕弾圧は立て続けに起こりました。機動隊の妨害に「触るな」と抗議していた仲間3名が、突然「公妨!」「確保!」のかけ声とともに機動隊に体を押さえ込まれ、地面に引き倒され、逮捕されてしまったのです!白昼の不当逮捕です。デモ参加者は弾圧抗議の声もあげつつ、最後まで即位式反対デモをやり抜きました。弾圧とともにはじまったナルヒト天皇制
10月22日の新たな天皇制弾圧は、ナルヒト天皇制もまた、暴力と弾圧とともに歩むことを鮮明に示しました。「即位恩赦」の一方で3名の仲間を捕らえ、他にも何件もの即位弾圧がかけられるなか、即位式がおこなわれたのです。
天皇制が弾圧とともにあったのは戦前のことだけではありません。政治的自由が憲法で保障された戦後においても、天皇制反対者に対するでっちあげ逮捕や、尾行などの人権侵害、そして右翼テロが繰り返されてきました。
世界から不当弾圧と歴史の改ざんを少しでも減らすために、日本天皇制は一刻も早く廃止しなくてはなりません。

救援カンパを!抗議を!天皇制廃止を!
3名の仲間は、築地署、湾岸署、大井署に分散留置され、「取り調べ」と称した警察の嫌がらせを受けています。突然日常生活から切り離され自由を奪われ、不安でいっぱいだと思います。孤独な獄中での闘いには、たくさんの皆さんがこの天皇制弾圧を自分のこととして受けとめて、支援を寄せてくださることが何よりの力になります。
弁護士費用、反撃のための救援カンパを寄せてください。警察に抗議電話をかけてください。救援会が呼びかける行動に参加してください。そして天皇制廃止のための道のりをともに歩みましょう!
弾圧粉砕!警察は仲間を今すぐかえせ!天皇制の即時廃止を!2019年10月24日 「10・22天皇即位式弾圧救援会」

◆救援カンパの送り先→【郵便振替00100-3-105440】 「救援連絡センター」あて
※共用の宛先です。「10・22天皇即位式弾圧救援カンパ」と必ずご明記ください
◆抗議電話先→ 築地署03-3543-0110 大井署03-3778-0110 湾岸署03-3570-0110 (番号前に「184」をつけて非通知に)
◆救援会の情報は、「おわてんねっと」のブログ(http://han.ten-no.net/)、ツイッターアカウント「おわてんねっと」で御確認ください。

【おわてんねっと今後の行動】
11月14日 大嘗祭反対!@トーキョー・ステーション 18:30 東京駅丸の内駅前広場
12月7日  終わりにしよう天皇制2019大集会・デモ 午後 千駄ヶ谷区民会館

2019-10-24 PM-13:15

抗議声明 2019年10月10日 12.12靖国抗議見せしめ弾圧を許さない会

 本日、東京地裁刑事第7部(裁判長・野澤晃一)は、昨年12月12日に靖国神社で香港市民が行った抗議行動等を「建造物侵入罪」で起訴した事件について、被告人である郭紹傑(グオ・シウギ)さんと嚴敏華(イン・マンワ)さんを、有罪とする不当判決を下した。(注)
被告人両名は、「正当な理由なく靖国神社の敷地内に侵入した」として起訴されたが、まず同神社外苑は、日常誰でも自由に出入りできる場所である。郭さんはそこで「南京大虐殺を忘れるな」と書かれた横断幕を広げて、日本軍国主義、南京大虐殺、靖国神社A級戦犯合祀に対する批判のアピールを行ったのであって、これは正当な言論・表現の自由に属する行為である。また嚴さんは、ジャーナリストとして事実を報道するために、郭さんの抗議行動をビデオで撮影していただけである。
かれら2人の行為はなんらの犯罪をも構成せず、逮捕・起訴自体が不当だ。被告人両名は無罪である。
しかし裁判所は、公判において、従来の同様の抗議行動で逮捕・起訴された事例がないことなどの重要な証拠を採用せず、いたずらに形式的な論理を用いて有罪判決を下した。さらに裁判所は、被告人両名に対する度重なる保釈申請をも却下し続けて、結果的に10か月にわたって身柄を勾留し続けるという、重大な人権侵害を行った。この長期勾留は、人質司法・実質的な刑罰の先取りであり、決して許すことはできない。
今回の2人への逮捕・起訴、長期勾留はまったく常軌を逸したものであった。それは、日本の侵略や植民地支配の歴史的事実を否定し、歴史修正主義の姿勢をますます強化する安倍政権の政治姿勢に対する、警察・司法による忖度だったと断じざるを得ない。本日の判決もまた、裁判所がそのことを追認したしたものである。われわれはこれを厳しく弾劾する。
被告人両名は既に、この不当判決に対して控訴して闘う意思を明らかにしている。われわれ救援会も、彼らを支援し、共に闘い続けることをここに表明するものである。

(注)判決主文「被告人グオシウギを懲役8月に、被告人インマンワを懲役6月に処する。被告人らに対し、未決勾留数中書く150日を、それぞれの刑に算入する。被告人らに対し、この裁判が確定した日から各3年間、それぞれその刑の執行を猶予する」

12・12靖国抗議見せしめ弾圧を許さない会
連絡先:〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階
救援連絡センター気付
mail miseshime@protonmaiLcom
HP http://miseshime.zhizhi.net
カンパの送り先:郵便振替00100-3-105440 救援連絡センター
*「12・12 靖国抗議弾圧救援」とご指定下さい。

2019-10-14 PM-16:58