パレスチナ-沖縄-福島 国際連帯フェスティバル

パレスチナ-沖縄-福島 国際連帯フェスティバル・東京

2019年10月28日(月)18:45開演(18:00開場)

出 演:MC GAZA/渋さ知らずオーケストラ/K DUB SHINE/DELI/蝦名宇摩

会 場:なかのZERO 大ホール
東京都中野区中野2-9-7 JR中野駅南口徒歩8分

入場券:前売り/¥3000 当日/¥3500 (全席指定)
※中学生/障がいのある方/¥1000
ローチケ:https://l-tike.com/search/?lcd=72354(東京、福岡、福島3公演共通)
Eプラス:https://eplus.jp/sf/detail/3114090001-P0030001(10月10日発売開始)
模索者:新宿区新宿2-4-9


賛同カンパ募集中!
一口、個人1,000円/団体3,000円 何口でも!
振込先:みずほ銀行新橋支店
(普)4084142
(名)コクサイレンタイフェス
郵便振替
00100-3-105440
(名)救援連絡センター


主催/パレスチナ-沖縄-福島 国際連帯フェスティバル 東京実行委員会
TEL:03-3591-1301(救援連絡センター) Eメール:i.solidarity.fes.2019@gmail.com

2019-10-14 PM-17:07

救援連絡センター50周年記念パーティ

パーティービラ

2019-10-13 PM-16:07

救援連絡センター50周年記念シンポジウム

改憲攻撃下の弾圧といかに闘うか

ー天皇代替わり・オリンピック情勢の中でー

・10月6日(日)午後1時~
・曳舟文化センター レクホール
行き方
京成線「京成曳舟」下車
半蔵門線・都営浅草線「曳舟」下車
・シンポジウム
・パネラー
内田博文さん(九大名誉教授、神戸学院大教授、ハンセン病市民学会共同代表)
鵜飼哲さん(一橋大名誉教授)
笹沼弘志さん(静岡大教授)
三角忠さん(救援連絡センター運営委員)
・コーディネーター
山本志都さん(弁護士・救援連絡センター運営委員)

・資料代・参加費  800円

主催 救援連絡センター
(03)3591-1301

2019-09-09 PM-12:56

映画『(東アジア反日武装戦線の)母たち』上映会

獄中監督・黒川芳正/1987年作品
映画『母たち』上映会
9月28日(土)17時
日本キリスト教会館4階
(東京都新宿区西早稲田2-3-1)
上映時間120分
参加費五〇〇円
主催:東アジア反日武装戦線への
死刑・重刑攻撃とたたかう支援連絡会議
問合先: tel 03-3812-45

根源へ 、もっと根源へ !
寺山修司は、映画『田園に死す』の中で母を殺そうとして果たせなかった。
寺山は「家出」を希求しつつも生涯を母ハツの影響下で過ごし、死してなお、
母子の遺骨は墓所の納骨棺に同居している。
映画『母たち』の主人公である「母たち」は、いずれも「家出」した(それも獄中
に)子どもたちは生まれ育った家庭のみならず、「日本」の歩みを根底から捉え
直す闘いに挑み、獄に囚われた。
子どもたちのひとり、黒川川芳正は「反日」という形で日本の根源を追求し、詩
を紡ぐ。その言葉は事実行為として世界に溢れ、帝国主義本国たる近代の擬制
「日本」と根源とを繋ぐ、淡くも鮮やかな虹の架け橋となった。
黒川は、本作で天皇は強権的家父長制の権化-厳父-のみならず、女性原
理の権化-慈母-でもあると喝破する。そして近代の擬制「母」の原像に囚われ
た母を解放し、生命力のシンボルとしての母の復権を求めて、獄中からメガホン
を執り、獄外に本作を贈った。
母の復権!それはとりもなおさず擬制日本的「母」を葬り、擬制「日本」、擬制
「天皇」を葬ることではなかったか。
寺山修司の母殺しは映画の中で失敗に終わった。
黒川の「母殺し」--それは未完の虹作戦遠映画『母たち』。
その結末は、未だ獄中に囚われている詩人にして監督・黒川芳正とお、これか
ら本作を観る私たちが、「日帝本国人としてしか生きられなかった」すべての人々
があ共有する。
獄中の詩人が見出した、根源への架け橋を渡る旅立ちだ。
(藤井 大地)

*支援連としては初の試みかもしれませんが、映画『母たち』の上映会を行いま
す。ニュープリントとなった『母たち』、すでに観たことのある方も、初見の方も、お
気軽にお集まり下さい。当日は、この映画の実際の製作にたずさわられた佐々木
健さんに、見所、撮影の苦労などを語っていただく予定です。

2019-08-28 PM-14:59

〝おわてんねっと〟からのお知らせ

【2・24「天皇在位30年記念式典」反対銀座デモ】

日時:2019年2月24日(日)13時
集合:ニュー新橋ビル地下2Fニュー新ホール(新橋駅すぐ)

※政府主催の「天皇在位30年記念式典」の同時刻に抗議デモを行います。
福島県知事が「国民代表」で天皇に感謝の辞をのべ、沖縄出身の歌手が
明仁作詞・美智子作曲の歌を捧げるというとんでもない展開です。
明仁の30年なんて祝わない、祝えない!抗議しよう!

【3・30 天皇「代替わり」直前!今からでも“NO”と言おう集会】

日時:2019年3月30日(土) 13:15開場
場所:文京区民センター2F

※天皇制反対の集まりに参加したことのない皆さんも、久しく参加して
いない皆さんも大歓迎!
おわてんねっとが総力をあげて、5つのテーマで現代天皇制の問題
指摘します。代替わりに向けて、予備知識がつくこと間違いなしです!

★このほか、4/28~5/1は連日の抗議アクションを予定しています!
乞うご期待!

【主催】終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク(おわてんねっと)
TEL:090-3438-0263 mail:owaten@han.ten-no.net
ツイッター:「おわてんねっと」 web:http://han.ten-no.net/

 

 

2019-02-15 PM-13:42

1968年―89年―そして世界と日本の現在を考える      分断の時代を越える 2.2シンポ

主催 反資本主義左翼(LAC) 連続講座
(連絡先 090-1429-9485荒木)

●パネリスト
小倉利丸(現代資本主義批判研究)
山口智之(APFS 労働組合)
津川 勤(差別・排外主義に反対する連絡会)
原 隆 (NO-VOX Japan)
●司会/坂本 健(早稲田あかね)
●2月2日(土)午後5時半開場
●会場/スペースたんぽぽ
(千代田区三崎町2の6の2 ダイナミックビル4F
水道橋駅から徒歩8分)
●資料代 500円

分断の時代を越える2.2シンポジウム

●いま世界では、格差・不平等の広がりとともに、二極化と分断が深まる中、グローバリズムとナショナリズムそしてデモクラシーが、相互にトーンを上げながらきしみを立てている。

●「1968年」と現在との間に深い「断層線」を走らせたものは何か? 1989年の「冷戦」終焉から30年―世界情勢は大きく転換した。現在は、歴史的にみて、どんな時代なのか? 歴史は繰り返すのか? 「1度目は悲劇として、2度目は喜劇として」とは、『ルイ・ボナパルトのブルュメール18日』でのマルクスの言葉だ。歴史が繰り返されるかどうかはともかくとして、繰り返されなかった「過ち」はない。

「日本ではどういう展望がありうるか?まだまったく見えてこない。しかし、確かなことは日本一国内の視野ではなく、それが広く世界に向けて開かれ、かつ足はしっかりと日本に立ってということだけは、はっきりしていると思う。空間軸をそのようにとるとともに、時間軸も過去・現在・未来のその両方から検証し、理論化していく努力もまた緊要であろう。」(山口健二)

●資本主義グローバリズムによる貧富の格差・不平等の広がりが、社会の二極化と分断をもたらす中、かつてないほど既成政治の劣化と不安定、そして「民主主義の危機」が言われている。曖昧にしていた政治的な対立や矛盾もあらわになってきた。だが、「ひとり日本だけが奇妙な静けさに包まれている」(1.7日経)中で、草の根からのデモクラシーと台頭するナショナリズムとがせめぎ合う欧米のように、日本にも「新たな激動の時代」が到来するのか?果たして「国境を越えて団結する運動」(バーニー・サンダース)が創れるかどうか?

「幾度もの失敗を踏み台にして、さらなる高みを目指せ!」(韓国映画『密偵』より)
越えられない壁など、ないのだから。
(文責 原 隆)

2019-01-25 PM-14:14

12・15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会 主催:12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生/かんなま)は、産業別労働組合として、生コン労働者の権利と生活を守る闘いを続けるとともに、辺野古新基地建設阻止、原発再稼働反対、戦争法・共謀罪・憲法改悪阻止などの闘争を積極的に行っています。加えて近畿生コン関係の中小企業と連帯し、生コン業界の民主化、健全化にも取り組み実績を上げています。
これに対して、差別排外主義者集団が暴力的ヘイト攻撃を加え、大阪府警・京都府警・滋賀県警は、関生の委員長、書記長、執行委員等を次々に逮捕・勾留し、家宅捜索をくり返し、大勢の組合員の事情聴取を行い圧力をかけ、組合つぶしの大弾圧を行っています。これらは、正当で合法的な労働運動に対する違法捜査・不当逮捕に他なりません。この弾圧は、政権および警察・検察が初の共謀罪適用を狙っているためと考えられています。
現在の関生への激しい弾圧をみると、次は別の労働組合へ、さらには平和運動や沖縄の基地反対、反原発などの市民・住民団体への弾圧につながるおそれが強いと思われます。これに対して、私たちは、関生支部のメンバーや弁護士を迎え、関係者の皆さんとともに、抗議と反撃のための緊急集会を開催します。大阪から発信されている「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!実行委員会への賛同の呼びかけ」(添付)を東京で広め、盛り立てる機運になることを願っています。
ぜひ、多くの皆さまがご参加され、状況をご理解いただき、行動を共にしていただけるよう、お願い致します。ご参加が無理な方は、添付の「労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会」への賛同のご検討をお願いします。

日時:12月15日(土) 午後6時30分~8時30分(6時開場)
会場:日本教育会館・中会議室(7階)
東京都千代田区一ツ橋2-6-2 Tel.03-3230-2833
参加費:500円
主な内容:
・大口昭彦弁護士(救援連絡センター運営委員)の講演「大弾圧といかに闘うか」
・連帯労組関西生コン支部からの報告
・労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会(大阪)の報告
・連帯発言(国会議員、市民団体、労働組合ほか)

問い合わせ先:
12.15労働組合つぶしの大弾圧を許さない!東京緊急集会実行委員会
仮事務局:東京都中野区中野2-23-1-3F 協同センター・東京
Tel.03-5342-1395   Fax.03-6382-6538

2018-12-07 AM-08:56

終わりにしよう天皇制 11・25大集会デモ

日時:2018年11月25日(日)午後1時15分開場/1時半開始 ※集会後デモ
会場:千駄ヶ谷区民会館2階(原宿駅10分)
講演:栗原康(アナキズム研究) 著書『何ものにも縛られないための政治学』ほか
芝居:森美音子(野戦之月)ほか
コント・歌・アピールなど予定!
主催:終わりにしよう天皇制!「代替り」に反対するネットワーク
WEB:http://han.ten-no.net/
メール:owaten@han.ten-no.net
天皇の自己申告で始まった「代替り」も、いよいよ佳境に入りつつある。
2019年4月30日明仁退位、翌5月1日メーデー直撃の新天皇徳仁即位。
秋には即位礼、大嘗祭。奉祝賛美の雨あられ、「お人柄」報道の大洪水。
腐っている。もう全面的に腐っている。忖度とおべんちゃらの腐敗臭があたりに充満している。耐え難い。耐え難きは耐えられない!
もうたくさんだ!結構だ!
だから私たちは、「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク」
を結成し、来年11月までの集中的な闘いを挑む。

昨年大好評だった「終わりにしよう天皇制大集会デモ」を11月25日に開催
し、これをネットワークの活動のスタートとしたい。
天皇制に反対する皆さん、「代替り」プロセスに異議ある皆さん、
よく分からんけど変だと思う皆さん!来たれ11・25集会デモに!
超総力結集でよろしくお願いします!

2018-10-12 PM-14:35

原発いらない ふくしまカレンダー・2019 価格:1000円(税込)

594-7-c

2011年3月11日以来私たちのこころが安まることはありません。原発事故は収束せず被害はさらに広がっています。遠隔操作カメラで明らかになった溶融核燃料、海・空・地へ流れ続ける放射性物質、高線量被曝のリスクをかかえる現場作業員の方々、小児甲状腺がんなど増える健康被害、核汚染物の貯蔵地、そして避難した子どもたちへのいじめ……これらの問題が暮らしに入り込みます。離れ離れになった家族・地域の哀しみに追い打ちをかけるように、国は2017年3月帰還困難区域を除く地区で避難指示を解除、各地の避難住宅支援を打ち切り、放射能の残る地への帰還政策を進めています。春の山火事での放射能拡散も懸念されました。 原発が爆発すればどのような惨劇に見舞われるのか、私たちが経験しているこの真実を政府は覆い隠し地震の頻発している日本列島の各地で次々に危険な原発の再稼働を強行してきました。
しかし、未来をあきらめるわけにはいきません。地震は止められなくても、人間は原発を止めることはできるはずです。「フクシマを繰り返さないで!」その思いで各原発現地や集会へ福島の声を届け、写真も残しました。脱原発社会を作るための様々な行動に、このカレンダー活動を役立てていきます。さらに広めていただければうれしいです。どうぞ、これからも福島に心を寄せ続けてくださいますように。
「原発いらない ふくしまカレンダー」制作チーム
〈連絡先〉090(9424)7478(黒田)/070(5559)2512(青山)
梨の木舎
info@nashinoki-sha.com
FAX:03(6256)9518

〈協力〉原発いらない福島の女たち

2018-10-09 PM-17:18

京都・当番弁護士を支える市民の会 20周年記念集会

10月28日(日)
開場13時開始13時半
京都弁護士会館地階大ホール
「当番弁護」は何を変えたか
主催:京都弁護士会/京都・当番弁護士を支える市民の会
連絡先:京都弁護士会
2018-10-09 PM-17:02