監獄内でコロナ感染が拡大する中 獄中者の命と健康を守れ!

昨年同様、今年に入って全国の監獄・入管施設でコロナ感染が拡大している。
 法務省が公表した数によれば1月だけでも法務省の職員479人が感染した。
 昨年は職員の感染から被収容者に感染が拡大していった。今年もほぼ同様に、職員が感染した施設から次第に被収容者に感染が広がっている。
 すでに京都刑務所では職員15人・獄中者39人が、府中刑務所では職員9人・獄中者18人が、東京入管では職員64人が感染したことが公表されている。
 この数字はごく一部だけであり、ほとんど全国の刑事施設で感染が広がりつつある。全員に対してPCR検査を実施すればさらに数は増える可能性がある。
 日本の刑務所は文字通り三密状態にあり、高齢者が多く、持病を抱えている人が多いことからも、感染者が重症化する危険性がある。
 獄中医療は深刻な医者不足の上に設備や器具や薬などあらゆる面で不十分なままであり、コロナ感染に対応できる医療機関は法務省関係では存在しない。
 救援連絡センターは一昨年から感染拡大の危険性を指摘し、対応を要求してきたが、法務省は一向に改善しないできた。
 諸外国の例をみても監獄内で集団感染が出た場合は獄中者を釈放するなどの対応をしている。感染者に対してはただちに獄外の医療機関に移送して適切な医療を受けられるようにすべきである。
 昨年は感染者が出た刑務所では温かい食事が提供されず非常食となり、工場作業も中止されたため、運動不足となる。ただ房内でじっとさせられているだけなので免疫力の低下は必至である。
 そういう状況で獄中者を生命の危険にさらすことは許されない。
以下、法務省に要求する。
・感染拡大を防ぐために三密の状態を解消せよ。獄中者を釈放せよ。
・感染者に対してはただちに外部の病院で適切な治療を受けられるようにせよ。
・全獄中者にPCR検査を受けさせろ。
・希望する全獄中者にはワクチン接種による副反応などの説明をした上で接種をさせろ。
・戸外運動または室内での運動を認めろ。
・家族や友人との面会を禁止するな。差入れや通信を制限するな。
・電話での通話ができるようにせよ。
・食事・入浴・運動・暖房など健康維持のために処遇を改善せよ
・コロナ感染の実態を明らかにし、獄中者に正確な情報を提供せよ。
 救援連絡センターは獄中者からの報告を受け、さらにコロナ感染拡大防止のために全力で闘う。
         2022年2月5日  救援連絡センター
法務大臣 古川禎久殿
法務省矯正局 佐伯紀男 殿

7.16武蔵野五輪弾圧――不当起訴を許さない!仲間をすぐに解放しろ!

七月十六日、東京都武蔵野市の武蔵野競技場で、オリンピックの前哨イベントがおこなわれました。開催関係者とメディアだけが入った競技場内で「聖火」の「トーチキス」を行うという、少し考えても深く考えても意味のわからない茶番劇です。会場近くに集まった多くの人の抗議の声をかき消し、警察犬まで配備する過剰警備の中での開催でした。

この中で、ひとりの仲間が五輪への抗議を訴えるために会場前の歩道で爆竹を鳴らしました。いうまでもなく、爆竹は大きな音を鳴らすだけのものであって、人を傷つけるものではありません。にもかかわらず、警察は不当にも「威力業務妨害」で仲間を現行犯逮捕しました。

起訴状によれば、威力によって業務が妨害されたのは、主催者であるオリパラ組織委員会や東京都ではなく、現場近くにいたイベント会社の社員だといいます。ためにする弾圧のために駆り出された社員も気の毒ですが、こんな奇妙なこじつけで、正当な抗議者に罪をかぶせることを許すわけにはいきません。

不当な逮捕・勾留に抗議するため、救援会は仲間が勾留されている武蔵野警察署に対して四度にわたり抗議行動を実施。多くの人びとが、オリパラ反対とともに、警察・検察・裁判所への抗議、獄中の仲間への激励を展開しました。また、七月二十七日には勾留理由開示公判も開かれました。弁護士の求釈明に対して裁判官のこたえは例によって具体性を欠くものでしたが、本人は元気な姿を見せて、しっかりとアピールしました。

七月三十日、東京地検は勾留十四日目にして仲間を起訴しました。今回の抗議行動を罪に問い得ると検察が判断したことはそれ自体不当なことですが、オリパラに関連するあらゆる現場の弾圧態勢を考えれば、驚くには値しないのかもしれません。。

今回の弾圧はどのように位置づけられるでしょうか。まず、非暴力の抗議行動に対して、警察・検察がそれ自体を罪とするべく攻撃をしかけていることに注目する必要があります。爆竹の音自体、あるいはそれを抗議の手段とすることを好まない人は多いでしょうが、爆竹を鳴らすことは確実に非暴力の行動です。誰をも傷つけず、誰にも強要しない行動が、それが抗議行動であるために罪に問われるということは到底ゆるせません。

もうひとつ、警備員への業務妨害が罪に問われようとしていることの危険性にも注目する必要があります。五輪関連イベントがまさに行われている会場近くのできごとについて、五輪関連イベントの「整理・誘導」の業務への妨害を言いつのることは、明らかに恣意的です。このようなこじつけをゆるせば、あらゆる種類の抗議行動、直接行動、団体交渉が、その行動自体の目的や正当性を棚上げにして、そこにおける警備業務への外形的な業務妨害として弾圧されるということになりかねません。また、警備会社が管轄権や天下りを通じて、警察のコントロール下にあることにも注意が必要です。

仲間は起訴後の今も武蔵野警察署内の留置場に、接見禁止処分がつけられたままで勾留されていますが、別掲の獄中アピールのとおり意気軒昂です。救援会は八月二十日に東京地検立川支部前で起訴と勾留への抗議行動を行いました。このあと続く刑事裁判と、仲間の奪還への闘いに注目と支援をお願いします。そして裁判費用等のための圧倒的な救援カンパと、弾圧をはねのけるための行動への参加を!

(7.16武蔵野「聖火」セレモニー抗議弾圧救援会)

【救援カンパ振込先】郵便振替 00150-8-66752(口座名: 三多摩労働者法律センター) ※ 「7.16弾圧救援カンパ」と通信欄に必ず明記ください。

8・28(土)救援連絡センター連続講座   テーマ「単独弁選でなく共通弁選を」

刑事弾圧で被疑者・被告人が複数である場合、どのような弁護人(団)を選任するかという問題があります。
関西生コンに見られるように労働組合に対する弾圧など逮捕された仲間が複数の場合は、本来ならば共通の弁護団で臨むべきです。戦後の集団的刑事裁判はすべて共通弁選で闘われてきました。
救援連絡センターはこの歴史を受け継ぎ、三里塚闘争をはじめ闘う団結をつぶそうとする弾圧に対しては団結して反撃する闘いとして統一被告団・統一(共通弁選)弁護団で対決してきました。
しかし現実には2000年代初頭頃から強化される「団体規制司法」攻撃に屈した「中坊路線」の下、日弁連が個別弁選を原則化、一般化して推進してきました。
このような流れの結果、関西生コン裁判や沖縄での辺野古新基地建設反対の裁判でも被疑者段階から公判段階まで単独弁選による弁護活動が行われるに至っています。
個々バラバラに弾圧に反撃していくのではなく、統一被告団・統一弁護団として団結し、国家権力と対決していくための共通弁選問題を討論し、全国に問題提起していきたいと考え、皆さんの参加を呼びかけます。

【 記 】

時: 8月28日(土)午後1時開場 1時半開始

所: 佃区民館  4号室
中央区佃2-17-8
地下鉄有楽町線または都営地下鉄大江戸線
月島駅下車4番出口から1分

提起者
関西生コン支部・西山直洋さん
弁護士 大口昭彦さん
弁護士 遠藤憲一さん

資料代 500円
主催・救援連絡センター  (03) 3591-1301

【武蔵野五輪弾圧-声明】 起訴を許さない!仲間を保釈しろ! 公判支援カンパにご協力ください

武蔵野五輪弾圧チラシ

新型コロナウイルスの感染がさらに拡大する中で東京オリンピックの開催が強行され、8月下旬にはパラリンピックも開催されようとしています。オリ・パラのドンチャン騒ぎは、IOC、東京都、日本政府、スポンサー企業などが、人びとの苦しみや生命を一顧だにしていないことを明らかにしています。
このような状況の中で、オリンピックの開催以前から現在にいたるまで、全国・全世界で多くの人が抗議の声をあげてきました。しかしこの声は、全国各地の警察・自衛隊を導入した警備や、テレビ・新聞を一色にぬりつぶすメディアキャンペーンを通して、押さえつけられてきました。

■ 武蔵野「聖火」イベントへの抗議行動に対して逮捕・起訴を強行
2021年7月16日、東京オリンピックの「聖火」セレモニーが武蔵野競技場(武蔵野市)で行われました。このイベントに対して会場近くに抗議する人々が集まって、オリンピックの中止を訴えました。しかしながら、警察は抗議の声をかき消し、警察犬までもつかって過剰な警備を行いました。市民が完全に排除される中で「聖火」イベントは行われました。
五輪がもたらす苦しみを訴える声が力によって押しつぶされる中で、オリンピック中止を訴える仲間のひとりが、会場近くの歩道で抗議の意を強く示すために爆竹を鳴らしました。仲間は警官によってとりおさえられ、「威力業務妨害」で逮捕されてしまいました。
武蔵野警察署の留置所での勾留が続く中、実際上の被害を受けた人は誰もいないにもかかわらず、仲間は7月30日に起訴されてしまいました!理由のない勾留と不当な接見禁止を続ける人質司法の中で起訴を強行することは、表現の自由をおしつぶそうとする試みにほかなりません。

■ 救援カンパを!仲間を保釈しろ!オリパラ即刻中止!
仲間の勾留は今もなお続いています。今後刑事裁判が進む中で、裁判費用など多額の費用がかかります。長期勾留が予想される当該の生活を支えるための資金も必要です。これまでもたくさんカンパをいただきましたが、起訴を受けて再度、ぜひとも、圧倒的な救援カンパを寄せていただけるようお願いします!また、仲間の一刻も早い保釈の実現と無罪獲得に向けて、救援会がよびかける行動への参加をお願いします。
いますぐ仲間を保釈しろ!オリンピック・パラリンピック即刻中止!反五輪無罪! 2021年8月5日

【7・16武蔵野「聖火」セレモニー抗議弾圧救援会】noolympicgames@gmail.com

●救援カンパ振込先→郵便振替00150-8-66752(口座名:三多摩労働者法律センター)
※「7・16弾圧救援カンパ」と通信欄に必ず明記ください。

★関生弾圧公判日程一覧★

★関生弾圧公判日程一覧★
◆大津地裁◆
A+Bグループ
(湯川副委員長他5名、委員長は大阪へ併合)
「湖東協8・9、8・28弾圧、大津協11・27弾圧、湖東協2・5弾圧」
いずれも10時~の予定
9月13日、10月4日、10月18日、11月1日、11月15日、11月29日
Cグループ10名「湖東協2・5弾圧」
大津2次(2・5弾圧、西山さんたちグループ)
いずれも10時~の予定
 9月27日 10時~17時  弁論更新、期日間整理手続の結果検出、採用した書証・証拠物の取調べ(映像含む)
10月11日 10時~17時  検察官請求証人 西澤隆雄、岸前
11月 8日 10時~17時  検察官請求証人 未定
12月 6日 10時~17時  検察官請求証人 未定
◆京都地裁◆
Bグループ(2名/委員長+副委員長)
「加茂生コン、近畿生コン、ベストライナー事件弾圧」
 公判整理手続中
◆和歌山地裁◆ 公判始まります!!
「和歌山広域7・22弾圧」(3名)
8/26日(木)10時
◆大阪高裁◆
「大阪11・21弾圧」Bグループ(3名)
(2名)10月8日大阪地裁判決(控訴中)
「大阪11・21弾圧」
(委員長) 7月13日10時 判決(求刑8年) 3年(執行猶予5年)未決参入190日
控訴中
「加茂生コン事件弾圧」Aグループ(2名)
7月12日10時 控訴審第1回 次回未定
「大阪9・18、10・9弾圧」Aグループ(7名)
 3月15日10時~ 判決(2名:懲役1年6か月/4名:2年、執行猶予3年/4年)求刑内容通り
(控訴中)
★即位・大嘗祭違憲訴訟
第9回口頭弁論 次回期日10月4日14:30
詳細は、即位・大嘗祭違憲訴訟の会HPへ  http://sokudai.zhizhi.net/
第2次提訴分の差止訴訟
「納税者基本権に基づく訴え」は終結(棄却判決)
同「人格権に基づく訴え」は
東京地裁で差戻審 3月24日(水)13時5分 判決(請求棄却) →4月7日控訴
2次差止控訴審の第1回期日=10月11日午前10時30分
★ノーハプサ2次訴訟控訴審
第2回口頭弁論(現在未定)

7・16武蔵野「聖火」セレモニー抗議弾圧救援会のお知らせ

 昨7月19日、不当にも立川地裁は7・16武蔵野弾圧の勾留延長を
認めてしまいました。
 勾留延長期限は7月27日です。27日までの一刻も早い奪還を
目指して救援会は活動しています。
 以下の行動にぜひご参加ください。27日の勾留理由開示公判では、
本人もでてきて発言します。弁護士費用などのカンパも引き続きぜひ
よろしくお願いします。
【7・16武蔵野「聖火」セレモニー抗議弾圧救援会 行動予定】
7月25日 武蔵野署抗議行動 2時@三鷹駅北口階段下集合
7月27日 勾留理由開示公判 3時集合@立川地裁(東京地裁
       立川支部102号法廷) ※公判は4時より

【救援カンパ振込先】郵振00150-8-66752(口座名:三多摩労働者法律センター)

※「7・16弾圧救援カンパ」と通信欄に必ず明記ください。