パレスチナ — 拡散にご協力を

受信トレイ
x

Solidarity with Palestineパレスチナ連帯 <solidarity.with.palestine2018@gmail.com>

6月27日(土) 1:12 (1 日前)

To パレスチナ連帯, Bcc: 自分
あと5日以内でパレスチナ🇵🇸が終焉(なくなる)⁉️
イスラエル首相は、この5日間でパレスチナの領土の多くを、イスラエルに併合する計画です。
パレスチナは、国連により国家として承認されています。にもかかわらず、イスラエル政府は国際法に違反し、パレスチナの土地を収奪しているのです。
実際、誰もがこの行為に反対していますが、ここで重要なのは、それをやめさせるために行動を起こす人がいるのかどうか、ということです。欧州をはじめとした国々には、イスラエルに再考を促す力があります。けれど、その力を行使させるには、なによりも国際世論の巨大なうねりが必要です。そんな世論のうねりを、わたしたちがつくりましょう!
右の署名欄に署名して、メールアドレスと郵便番号を記入。
お願いします。

欧州各国の首脳や外相にわたしたちの声が届くよう、一緒にキャンペーンを広めてください。下記のツールを利用したり、そのさらに下にあるメールを、お友だちやご家族の皆さまに転送していただくようお願いします。

署名する

この5日間で、イスラエルはパレスチナの領土の多くを併合する計画です。国際法に違反する行為であり、パレスチナ国家の自由の可能性を奪う行為でもあります。欧州をはじめとした国々には、イスラエルに再考を促す力があります。声を大にして抗議しなければ、併合は実行されてしまいます。大至急、各国政府にアクションを求めましょう:

署名する

皆さま

イスラエル首相は、この5日間でパレスチナの領土の多くを、イスラエルに併合する計画です。

パレスチナは、国連により国家として承認されています。にもかかわらず、イスラエル政府は国際法に違反し、パレスチナの土地を収奪しているのです。

実際、誰もがこの行為に反対していますが、ここで重要なのは、それをやめさせるために行動を起こす人がいるのかどうか、ということです。欧州をはじめとした国々には、イスラエルに再考を促す力があります。けれど、その力を行使させるには、なによりも国際世論の巨大なうねりが必要です。そんな世論のうねりを、わたしたちがつくりましょう!

パレスチナのためにアクションを求める

イスラエルは、パレスチナ自治区としてわずかな土地を残しているものの、こうした地域はイスラエルの分離壁や監視塔、入植地によって取り囲まれつつあります。国際社会の批判をかわすため、イスラエルはパレスチナの併合を段階的に進める可能性もあります。しかし現在パレスチナ自治区として残された領土は、すでに細切れに分断された状態です。国家として機能し、統治し、住めるような場所ではなくなっているのです。

パレスチナの人々は、各地に点在する土地へと首尾よく追いやられ、そこはまるで、イスラエルによる厳しい監視下にある「天井のない監獄」のようです。これについて「アパルトヘイト」と大勢の人々が呼んでいます。イスラエルの最大の貿易相手であるEUは、パレスチナの併合と人権侵害をやめなければ、制裁を受けることになるといって、イスラエルに働きかけることができます。

これは、イスラエル・パレスチナ間の長い悲惨な紛争の歴史において、もっとも正統性を欠いた行為のうちの一つです。世界が無関心を貫くのならば、不公平で残酷な時代が幕開けることになるでしょう。そんなときのためにこそ、Avaazは設立されました。わたしたちは併合を断固許さないと言って警鐘を鳴らし、各国政府に行動を促しましょう。

パレスチナのためにアクションを求める

Avaazは、パレスチナを194番目の国家として承認するよう国連に働きかけ、その取り組みを成功させました。駐欧パレスチナ大使は、当時このように述べています。「Avaazと世界中のメンバーの皆さまは、国家承認と自由、そして平和に向けたパレスチナ人の努力を支持するよう、各国政府を説得するうえで、重要な役割を果たしてくださいました。皆さまは、常にわたしたちと共に立ち上がってくださったのです。その連帯の精神とご支援は、パレスチナの人々の記憶に刻まれ、大切にされていくでしょう。」強者により支配される世界ではなく、権利と自由、法を守っていきたいと願うパレスチナの人々、イスラエルの人々、そして世界中の人々と共に立ち上がりましょう。

希望と決意を胸に

リッケン、マリー、ファディ、マイク、ナックス、ムハンマド、ネイサン — Avaazチームと共に

関連情報
日本語記事:
ヨルダン川西岸併合、ネタニヤフ首相の判断は 7月1日の宣言に注目(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/37031/

西岸併合計画でイスラエルに警告、米は支持 安保理会合(AFP)
https://www.afpbb.com/articles/-/3290230

イスラエルによる併合は「アパルトヘイト」 ユダヤ学者400人が非難(エルサレム・ポスト)
https://www.jpost.com/arab-israeli-conflict/400-jewish-studies-scholars-denounce-israeli-annexation-as-apartheid-631296

併合は重大な国際法違反:欧州は断固抗議すべき(デア・シュピーゲル)
https://www.spiegel.de/international/world/jean-asselborn-on-israel-s-plan-annexation-is-a-gross-violation-of-international-law-a-7f11734d-2f04-4587-809f-11b3b877141f

イスラエルによるヨルダン川西岸地区併合は何を意味するのか?(ガーディアン)
https://www.theguardian.com/world/2020/jun/09/what-would-israel-annexing-the-west-bank-mean



Avaazとは、世界各国の6000万の人々が参加する、グローバルなキャンペーンネットワークです。
このネットワークを通じ、わたしたちは世界中の人々の意思や価値観がグローバルな意思決定に反映されるよう取り組んでいます。(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です。)Avaazのメンバーは、世界中のすべての国にいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらからご覧いただけます。またよろしければ、FacebookTwitterInstagramのページもご覧ください。
メールアドレス、表示言語、その他個人情報の設定を変更するには、こちらからご連絡ください。 メール配信の停止をご希望の場合はこちらをクリックしてください。 Avaazにご連絡いただく場合は、このメールに直接返信されるのではなく 、こちら www.avaaz.org/jp/contact からご連絡いただくか、お電話 (+1) 888-922-8229 (米国)にてご連絡ください。



このニュースメールは、FaceBookの”パレスチナ連帯”アカウントでもご覧いただけます。
 
このニュースメールが不要の場合は、下記のアドレス宛メールにてお知らせください。
件名に「不要」とだけお書きになって、本文にお名前だけを書いてお知らせください。
よろしくお願いします(西垣内牧子より)
⌘ Solidarity with Palestine

 

2020-06-28 PM-17:06