6.2渋谷区仮庁舎野宿者排除弾圧、2名に勾留延長決定。長期拘束ヤメロ!

6月12日にAさん、13日にBさんに対し、不当にも勾留延長が決定されてしまいました。

Aさんは留置されてから取り調べが一回あっただけで、ただただひたすら閉じ込められています。12日の勾留延長決定を受けて、弁護士が速攻で準抗告を行なったところ、翌13日、東京地裁が勾留延長をいったん取り消し、3日間短縮した勾留延長をあらためて決定。勾留延長取消はなかなかないことで、少し短くはさせましたが、長期勾留が不当であることには変わりません。Bさんは11日、2名の弁護士とともに勾留理由開示公判に臨み、勾留決定のハンコを押した裁判官に直接理由を問いただしました。裁判官はなんら答え(られ)ないばかりか、意見陳述の途中、渋谷署の横暴を暴露しようとしたBさんに退廷命令、暴力的に排除しました。加えて本日の勾留延長決定。裁判所は渋谷区役人・警察・検察のいいなりか?   Bさんは法廷から排除後、放り投げられて、数発蹴りを入れられたそうです。悪意と身の危険を感じます。
弁護士から本日14日、勾留延長の裁判に対する準抗告、そして勾留理由開示公判を受けての勾留取り消し請求を東京地裁に提出。徹底的に闘います。救援会は、2人への打ち続く不当な勾留に強く抗議します。長期拘束ヤメロ!
~~~~~~~
※救援会よりお願い
さらなる救援カンパのご支援を!よろしくお願い申し上げます

 渋谷のじれんの口座をお借りします。
 カンパ宛先 : みずほ銀行渋谷支店(普)9095210「のじれん」
       郵便振替口座00160-1-33429「渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合」
 ※「救援」の旨、明記ください。
 ※「救援」と記載できない場合、振込み金額の末尾が9円になるよう(例「1,009円」)
   にしていただけると大変ありがたいです。お手数おかけします。
2019-06-20 PM-14:47