ドキュメンタリー映画 『抗い ARAGAI  記録作家 林えいだい』

あらすじ
福岡県筑豊の旧産炭地には、今もアリラン峠と呼ばれる場所がある。そこは、かつて日本に徴用された朝鮮人たちが炭鉱に向かう時に歩いた道である。記録作家・林えいだいが、アリラン峠を歩く。
林は筑豊に渦巻く様々な負の歴史を記録してきた。徹底した聞き取り調査をもとに、戦争の悲劇や朝鮮人強制労働問題など、権力によって歴史の闇に葬られそうな事実を掘り起こす。そこには反戦思想を貫いた父親の存在が背景にあった。
神主だった父親の寅治は民族差別に耐えかねて炭鉱から脱走した朝鮮人鉱夫を自宅に匿った。「国賊」、「非国民」とされた父親は警察の拷問が原因で命を落とした。その体験が林の反権力の原点となる。
83歳の林は、がんに侵されている。放射線や抗がん剤による治療を続けながら、今なお闇に埋もれた史実を追い求める。抗がん剤の副作用で林の指は曲がってしまった。セロテープでペンを指に巻き付けながら懸命に記録を残す。権力に棄てられた民、忘れられた民の姿を記録していくことが自分の使命であると林は語る。
2014年8月9日、福岡市の雑木林を林が訪れる。1945年の同じ8月9日、そこで一人の特攻隊員が日本軍に銃殺された。朝鮮半島の黄海道の出身の山本辰雄伍長(当時19歳)。国の命運をかけた重爆特攻機「さくら弾機」に放火したという罪が着せられていた。林はこれを民族差別による冤罪ではないかと思い、山本伍長の戦友や放火事件の目撃者のもとを訪ね、真相に迫ろうとする。(HPより転載)

出演
林えいだい
田中泯(朗読)
制作・配給 現代グループ
製作・著作 RKB毎日放送
監督 西嶋真司
2017年2月11日(土)モーニングショー公開
シアター・イメージフォーラム
連日11時~トークイベントあり。
「今、ジャーナリズムを問う」
お問い合わせ
株式会社グループ現代 上映部
公式HP http://aragai-info.net
http://www.facebook.com/ARAGAI2017
*劇場特別前売鑑賞券(1200円)
救援連絡センターでも取り扱っています。

2017-02-07 PM-17:03

★第6回 原発いらない地球(いのち)の集い★

とき:2017年 3月11日(土) 12時~16時
ところ:福島市市民会館 (福島市霞町1-52)…福島駅から徒歩20分

*******

原発事故から6年が過ぎましたが、子どもたちには甲状腺癌が多発し、帰還の強制や「自主避難者」への住宅支援打ち切り、汚染土のリサイクルなど、私たちを取り巻く状況は厳しさを増しています。福島の被害を隠蔽し、原発再稼働を進めようとする政府・原子力マフィアと対峙し、手を取り合い、この世界を切り開いていくために、3.11は福島に集いましょう。

*******

【日程】

★分科会:    12:10 ~ 13:40
○帰還政策と放射能安全キャンペーン
○福島と沖縄の人権蹂躙
○被ばく労働問題
○東電責任追求と脱原発/再稼働反対

★全体会:    13:40 ~ 14:50
○分科会報告・ディスカッション
○福島県への要望書・決議文採択

★市内デモ行進:    15:10 ~ 16:10
○鳴り物、プラカードなど各自ご準備ください。

★3月12日(日): 東京から参加する人たちが、オプショナルツアー 『列車とバスで行く浜通り』 を計画中。
詳細はしばらく お待ち下さい。

=======

【主催】 原発いらない福島の女たち/Fukushima women against Nukes
電話 080-3190-7368
http://onna100nin.seesaa.net/ (ブログ)

【協力】 スリー・ノンの女たち

2017-02-06 PM-15:26

市民・法律家7団体共催  刑訴法等改悪と共謀罪 ー冤罪はさらに増えるー

日時: 12月15日(木) 18:15~21;00
場所: 文京区民センター 3A会議室
共催:  社会文化法律センター
青年法律家協会弁護士学者共同部会
日本国際法律家協会
日本民主法律家協会
自由法曹団
盗聴・密告・えん罪N0!実行委員会
盗聴法廃止ネットワーク

講演: 内田博文(神戸学院大・九州大学名誉教授)
一木 明(今市事件弁護団)
参加費: 500円

2016-11-23 PM-15:18

「生前退位!?皇族解散しろ!11・20天皇制いらないデモ」

日時:11月20日(日) 12:45集合 14:00デモ出発予定
会場:井の頭公園・三角広場
(井の頭線「井の頭公園駅」下車すぐ。吉祥寺駅から井の頭公園をとおって徒歩
15分)

主催:11・20天皇制いらないデモ実行委員会
tennoout@gmail.com / 042‐525-9036(立川テント村)

※プラカード、横断幕など、どんどん持ってきてください!
天皇にまつろわない人民の力を見せつけよう!

【呼びかけ】
8月8日、天皇は「生前退位」を求めるビデオメッセージを発表しました
(正式名称「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」)。
このメッセージのなかで天皇は、高齢のため天皇を続けることが困難になり
つつあると言い、「いきいきと社会に内在し、国民と触れ合うのが象徴天皇
のつとめ」であり「天皇のつとめが途切れることなく安定的に続いていくこ
と」に国民の理解を求める、と結びました。
天皇は憲法で定められた自らの仕事を踏み越えて自己主張し、天皇の地位の
息子への安定的な継承を私たちに求めています。2020年東京オリンピックまで
に自らの手で「平成Xデー」を設定し、スムーズな代替わりを図ろうというの
でしょう。
私たちはそれをやすやすと見逃していいのでしょうか?

昭和天皇裕仁のように戦争の血で汚れた過去を持っていなくても、明仁天
皇制は私たちの社会に深刻な差別・人権侵害・歴史観の捏造・税金の浪費を
もたらしてきました。
「国民統合の象徴」が、ガチガチの男系血統主義の百代を越す(と自称する)
世襲一族に担われている日本。
天皇制反対の意見はマスコミ・世論から抹殺され、ささやかな抗議すら公安
警察や右翼による暴力・恫喝・尾行などの人権侵害にさらされる日本。
「昭和天皇は平和を願っていた」と主張し続ける明仁天皇が、戦地慰霊の旅
に出て「平和の伝道者」ともてはやされる日本。
たった数人の皇族のために年間250億円の税金を浪費し、皇居や「御用邸」など
の莫大な国有財産を私物化することを許している日本。

あきらかに異常な、これ以上ない差別的で非-民主的な制度を、これから先も
私たちは後生大事に「象徴」として抱きしめていくのでしょうか?
ヘイトスピーチ規制法が制定されましたが、天皇制という巨大な差別構造を
「象徴」として掲げたまま、日本社会が真剣に差別と向き合うことなどできません。
天皇明仁がくだした「平成Xデー」の大号令を、私たちの手で打ち返す番です!
「生前退位?だったら皇族解散しろ!」の声を吉祥寺の街に響かせましょう。
天皇代替わりに反対する、11・20天皇制いらないデモへ!

2016-10-27 PM-14:21

破防法・組対法に反対する共同行動の闘争呼びかけ

■10月31日(月)

共謀罪上程阻止!緊急討論会2

18時~21時

生活産業プラザ多目的ホール(池袋駅下車、豊島区民センター裏)

コーディネーター:足立昌勝さん、提起:山下幸夫さん、石橋新一さん

資料代500円

■11月6日(日)

やめろ!南スーダン派兵 つぶせ!共謀罪 沖縄新基地建設を許さない―戦争も改憲もNO!新宿デモ

同実行委(共同行動・署名運動・救援・反戦実・立川自衛隊監視テント村・練馬アクション呼びかけ)

柏木公園

14時集合、15時デモ出発、16時過ぎ解散

■11月11日(金)

「安倍政権と共謀罪」講演・討論集会

18時~21時

文京区民センタ―2A会議室
講演:中野晃一上智大国際教養学部教授(政治学)『右傾化する日本政治』(2015年、岩波新書)『戦後日本の国家保守主義−−内務・自治官僚の軌跡』(2013年、岩波書店刊)、足立昌勝関東学院大名誉教授、

資料代500円

■11月29日(火)

国会行動(8時半~13時、12~13時:昼集会)

2016-10-20 PM-14:28

「生前退位!?皇族解散しろ!11・20天皇制いらないデモ」

日時:11月20日(日) 12:45集合 14:00デモ出発予定
会場:井の頭公園・三角広場
(井の頭線「井の頭公園駅」下車すぐ。吉祥寺駅から井の頭公園をとおって徒歩15分)

主催:11・20天皇制いらないデモ実行委員会
tennoout@gmail.com / 042‐525-9036(立川テント村)

※プラカード、横断幕など、どんどん持ってきてください!
天皇にまつろわない人民の力を見せつけよう!

【呼びかけ】
8月8日、天皇は「生前退位」を求めるビデオメッセージを発表しました
(正式名称「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」)。
このメッセージのなかで天皇は、高齢のため天皇を続けることが困難になり
つつあると言い、「いきいきと社会に内在し、国民と触れ合うのが象徴天皇
のつとめ」であり「天皇のつとめが途切れることなく安定的に続いていくこ
と」に国民の理解を求める、と結びました。
天皇は憲法で定められた自らの仕事を踏み越えて自己主張し、天皇の地位の
息子への安定的な継承を私たちに求めています。2020年東京オリンピックまで
に自らの手で「平成Xデー」を設定し、スムーズな代替わりを図ろうというの
でしょう。
私たちはそれをやすやすと見逃していいのでしょうか?
※ ※ ※ ※ ※
昭和天皇裕仁のように戦争の血で汚れた過去を持っていなくても、明仁天
皇制は私たちの社会に深刻な差別・人権侵害・歴史観の捏造・税金の浪費を
もたらしてきました。
「国民統合の象徴」が、ガチガチの男系血統主義の百代を越す(と自称する)
世襲一族に担われている日本。
天皇制反対の意見はマスコミ・世論から抹殺され、ささやかな抗議すら公安
警察や右翼による暴力・恫喝・尾行などの人権侵害にさらされる日本。
「昭和天皇は平和を願っていた」と主張し続ける明仁天皇が、戦地慰霊の旅
に出て「平和の伝道者」ともてはやされる日本。
たった数人の皇族のために年間250億円の税金を浪費し、皇居や「御用邸」など
の莫大な国有財産を私物化することを許している日本。
※ ※ ※ ※ ※
あきらかに異常な、これ以上ない差別的で非-民主的な制度を、これから先も
私たちは後生大事に「象徴」として抱きしめていくのでしょうか?
ヘイトスピーチ規制法が制定されましたが、天皇制という巨大な差別構造を
「象徴」として掲げたまま、日本社会が真剣に差別と向き合うことなどできません。
天皇明仁がくだした「平成Xデー」の大号令を、私たちの手で打ち返す番です!
「生前退位?だったら皇族解散しろ!」の声を吉祥寺の街に響かせましょう。
天皇代替わりに反対する、11・20天皇制いらないデモへ!

2016-10-07 PM-21:20

10・9三里塚全国集会 最高裁の強制収用を許すな!第三滑走路粉砕!安倍政権打倒!

12時~集会

15時~市東さんの畑までデモ行進
15時半終了予定
【会場】成田市東峰 反対同盟員所有畑
【主催】三里塚芝山連合空港反対同盟
京成成田駅前に会場までのマイクロバスを用意します。
▼11:20発→11:40会場到着予定
2016-10-07 PM-21:12

9月7日、第3回目イベント「3.11被ばく被害とがん患者」へご参加を

 ★☆★☆★☆★☆★☆転送、転載、ご協力お願いします★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【第3回目イベント】3.11被ばく被害とがん患者
日時:9月7日(水)18時半開場、19時~21時半まで
場所:渋谷「光塾」(渋谷区渋谷3-27-15 光和ビルB1 JR渋谷駅新南口から徒歩1分)
料金:無料(カンパをお願いします)
お話:藍原寛子さん(医療ジャーナリスト)、「健康被害者の会」の当事者メンバー(予定)
【内容】
――あなたの癌、ひょっとして、311による健康被害ではありませんか?
日本におけるがん患者数は増加の一途をたどっている。国立がん研究センターは、2016年に新たにがんと診断される患者は101万200人、がんで死亡する人は37万4千人になるとの予測を発表した。思い出してほしい。東日本では、原発事故の放射能によりがんが増えることが予言されていた。あなたのがんは、ひょっとして、311による健康被害ではないのか?極度に少なく見積もられた、ICRPによる集団線量のモデルでも、311放射能汚染の人的被害で、年に2250人の過剰な癌死が東京圏でも生じると言われている。がんという病気の実態にアプローチしつつ、私たちが負わされているかもしれない被ばく被害について話し合う。 また、原発事故後の脱被曝や予防医療に対する、患者や医療者や専門家たちの意識を高めるためにはどうしたらいいのか、問題提起をしたい。
【藍原寛子さん紹介】福島民友新聞社で取材記者兼デスクをした後、国会議員公設秘書を経て、
フリーランスのジャーナリストとして取材活動をしている。2013年2月28日、
「Japan Perspective News株式会社」(本社・福島市)を設立し、国内外のニュース報道、取材、
リサーチ、翻訳、編集などを行っている。ブログ:http://ameblo.jp/mydearsupermoon/
主催:福島原発事故による健康被害者の会」 連絡先:radiationdamage311@gmail.com
FB:https://www.facebook.com/groups/1070200323032848/ ツイッター:@kenkohigai
協力:「脱被ばく実現ネット」http://fukusima-sokai.blogspot.jp/
2016-09-05 PM-13:55

9/11連続学習会 「障害福祉と介護保険の関係について」

□日時 9月11日(日) 13時30分~16時
□場所 スマイル中野 4階多目的室
□提起 藤岡毅弁護士
(障害者自立支援法違憲訴訟全国弁護団事務局長、
元内閣府障がい者制度改革推進会議総合福祉部会委員)
□交通 JR中野駅 北口 徒歩7分
□資料代 500円
□主催:医療観察法[予防拘禁法]を許すな!ネットワーク
連絡先:板橋区板橋2-44-10-203 FAX.03-3961―0212

「支援の無い状態」を「自立」と理解する〝介護保険制度〟と、国際的な権利条約を基礎にして、
積極的に公的支援を活用しながら「生き生きと主体的に社会参加する」ことを「自立」と理解する
障害福祉において、介護保険への統合が無理やり進められようとし、介護保険優先問題が
大きな問題となっています。
それぞれの制度の在り方と関係性について、何が問題なのか、何を目指していくのか、
自立生活についてともに考え、ともに保障を勝ち取っていきたいと思います。
ぜひご参加ください。

2016-08-30 AM-08:49

和歌山カレー事件から 18年 林眞須美さんは、獄中から無実を訴え続けています!! 和歌山カレー事件再審請求の いま そして これから パートⅡ

 

中井鑑定への河合意見書は昨年末まで続きました。12月末からは山内鑑定に対する意見書を書いていただ
いており、すでに6本の意見書が弁号証として提出されています。
こうした状況をふまえ、今年も河合教授に解説をお願いしました。今年の内容は「山内鑑定の問題点」です。
今回も、昨年に引き続き、弁護団からの報告集会とさせていただきます。何が明らかになっているのか、今
後の課題は何なのか。みなさまのご参加をお願いします。
挨拶:鈴木邦男さん(林眞須美さんを支援する会代表)

7月23日(土) 14時~16時半(開場13時半)
資料代800円/事前申込不要
場所:エルおおさか南館 10F
1023号室
●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ 300m
●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ 500m
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ 1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ 850m
車でお越しの場合は、阪神高速東大阪線、法円坂出口を
左折して直進、京阪東口交差点左折、西へ信号 5つ目

主催:和歌山カレー事件を考える人々の集い
問合せ先:090-1711-0710(担当:永井)

2016-06-30 PM-16:55