検察庁法改正案に抗議します 1000万超オンラインから 第2回緊急オフラインアクションへ

5月19日(火)PM4時~衆議院第2議員会館と参議院議員会館の間位 集合
18時からの宗教者ネットなどの緊急国会議員会館前行動に合流します)

Stay Homeしていたいけど、そんな場合でありません。
止むに止まれずオフラインアクションへ、国会へ

来週にも、衆院・内閣委員会で採決されそうです。
安倍首相が、検察幹部の定年延長について「かってな運用はあり得ない」と
いくら言っても、これまでの自分の都合よい解釈改憲、閣議決定、官僚人事
を見れば、絶対信用できません。

マスクに「#検察庁法改正案に抗議します」と書く、プラカード、鳴り物、光物、
持参歓迎、などなど いろいろなやり方で意思表示をしましょう。

元検事総長ら検察官有志も次のように「反対の声」を上げることを呼びかけて
います。
「黒川氏の定年延長閣議決定、今回の検察庁法改正案提出と続く一連の動き
は、検察の組織を弱体化して時の政権の意のままに動く組織に改変させよう
とする動きであり、ロッキード世代として看過し得ないものである。関係者がこ
の検察庁法改正の問題を賢察され、内閣が潔くこの改正法案中、検察幹部の
定年延長を認める規定は撤回することを期待し、あくまで維持するというのであ
れば、与党野党の境界を超えて多くの国会議員と法曹人、そして心ある国民す
べてがこの検察庁法改正案に断固反対の声を上げてこれを阻止する行動に出
ることを期待してやまない。」
オンラインからオフラインへ!国会前に集まり「反対します」の声を上げよう!

「三密」避ける!工夫をしながら国会へ!
ヒトが動けないときにこんな問題のある法改正やるなっ!
不要不急の法改正はやるな!
#検察庁法改正案の強行採決に反対します

呼びかけ:戦争法廃止・安倍たおせ!反戦実行委員会090-6481-6713(松平)

 

 

「5・30-リッダ闘争四八周年記念集会」の中止についてのお報せ   2020年5月15日 オリオンの会事務局

奥平・安田・岡本3戦士によるリッダ闘争は、1972年5月30日、<シオニズム・イスラエル・アメリカ帝国主義・アラブ反動派>の4つの敵に対する闘争として日本赤軍とPFLPの共同行動として闘われました。この闘争が示した国際主義を継承し記念するために例年開催していた「5・30リッダ闘争記念集会」を、今年は中止します。

私たちは毎年、記念すべき日に、新たな「5・30宣言」を発信して来ました。
今年は、集会を中止するにしても、国際主義者の立場から現実を直視した問題提起と、友人たちからのメッセージを5月末日には発信していきます。

この新型コロナウイルスが自然発生したものだとしても、その世界的な蔓延危機にまで至らせたのは、現実社会を支配する新自由主義-グローバリゼイションそのものに根拠があります。
この危機の終息を作りだし、その後の新たな社会経済システムの構築に向けて、私たちは現在から未来に向けて、何を準備し、何を批判して革命していくべきか。それらの諸点の考察への賛同を呼びかけていきたいと考えています。

そして、それら諸点の考察への、ネットによる討論を呼びかけていきたいと考えています。
では、『5・30声明』の送付をお待ち下さい。

連絡先)オリオンの会ブログ
https://orion530.blog.jp/

<岡本公三支援基金>協力のお願い
現在、レバノンで政治亡命を認められ生活する岡本さんへの支援は、現地のボランティアを中心に続けられています。オリオンの会は岡本さんの闘病生活への支援を続けています。皆さんの多くの支援と協力をお願いいたします。
カンパ振込先
ゆうちょ銀行  10080-26778581 「オリオンの会」
郵便振替口座  00150-8-514141 「オリオンの会」

3・7  渋谷へ!美竹公園の監視カメラ設置に反対するデモへ!

直前のお知らせすみません!

美竹公園監視カメラの件でこのかん署名などご協力ありがとうございます。

賛同個人328名、47団体もの署名お寄せいただき

http://minnanokouenn.blogspot.com/

2/13第一次提出、3/2第二次提出、

おかげさまでまた監視カメラは設置されていない状態です。

が、渋谷区は計画変更はない、年度内に設置するとの方針を撤回していません。

なので、ねる会議呼びかけで緊急デモをやることになりました。あす3月7日(土)の昼です。ご参集お願いします!

   ↓

渋谷・美竹公園の監視カメラ設置に反対するデモへ!―オリンピック・パラリンピックのための治安管理を許さない―

37日(土)13時半集合、14時デモ出発

渋谷区立美竹公園(渋谷1-18-29)に集まってください

※新型コロナウィルス感染予防のため、集会および講演(稲本誠一さん)は中止にいたしました

主催  ねる会議

 

~~~

 

渋谷区立美竹公園。20年以上にわたり共同炊事(炊き出し)の場所であり、野宿者の寝る場所であるこの公園に、渋谷区は、今年度中4台監視カメラを設置しようとしています。区はハロウィーン対策を皮切りにして415台もの監視カメラを公園や商店街などに設置するため予算を計上し、すでに各地で作動してます。その目的として警備受託者のセコムと結んだ仕様書によれば「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え」、「渋谷区基本構想の重点項目『区民や来街者の安全・安心の確保』が喫緊の課題」としています。また「受託者は区からの要請をうけた場合は、指定された公園に速やかに駆けつけ、現地状況に応じた対応を行うこと。」とあ

ります。監視カメラの設置は、今年開催されようとしているオリンピック・パラリンピックのための治安対策であることに間違いありません。

美竹公園を含む場所においては渋谷区、東京都による再開発計画が浮上しています。同公園のうち、区役所仮庁舎設置のために利用されていた部分は、新庁舎移転、仮庁舎解体後も使用ができない状態です。隣接の交番には監視カメラがつけられており、その上さらなるカメラの設置は、過剰警備であり、共同炊事への妨害に他なりません。

人が生存していく上で必要不可欠な条件は食べることと寝ることです。これまで官民一体となって押し進められてきたジェントリフィケーションにより寝場所を奪われきた野宿者にとって、監視カメラの設置はまさに生存そのものを脅かすものであり、重大な人権侵害です。

公園は誰でも自由に利用できる公共の場所のはずです。仕事休みの憩いの場であり、集会やデモといった表現の場として機能してきました。しかし監視カメラの設置によってその姿が覗き見られ、プライバシーが侵されてしまいます。

私たちは生存や人権を奪い取る監視カメラの設置を絶対に認めません!多くの皆さんもともに反対の声をあげてください!

コロナ対策に名を借りた「緊急事態」反対!緊急行動

<日時>3月9日(月)14:00~17:00 ・ 3月10日(火)14:00~17:00
<場所>衆議院第二議員会館前
<内容>横断幕を持っての座り込みと、発言、シュプレヒコール、チラシ配布など
<対象>賛同する方ならどなたでも来て下さい。また、どんどん発言して下さい。集会に参加できない方はメールをください集会で読み上げます。
kinkyukoudou@protonmail.com
<シュプレヒコール>
○新型インフルエンザ対策特別措置法の改悪反対!○ウイルス対策に名を借りた戒厳令反対!
○安倍政権にフリーハンドを与えるな!○安倍政権の独裁を阻止するぞ!○忖度ファシズム反対!
○安部政権を倒そう!○命と人権を奪う安部政権は今すぐ退陣しろ!
<集会の呼びかけ>
安倍政権は、法的.科学的な根拠の無い全国一斉休校を要請しました。
多くの自治体はそれに追随して、何の議論も無いまま休校を決定しました。私たちは安倍晋三の一声で、法律も何も関係なく、全国が従ってしまう事態に恐怖を覚えます。これは「忖度ファシズム」と言っても過言ではありません。
新型インフルエンザ対策特別措置法の改悪は、法律無視の安倍政権にフリーハンドを与え、「忖度ファシズム」を強化することにつながります。すでに、法案が提案される前にもかかわらず、コロナ対策と称して様々な施設が使用できない状態になっていて、集会が中止に追い込まれ市民の政治活動が制限されています。この法案が可決されれば、さらに制限が強化され、事実上の「集会禁止令」につながることは明白です。安倍政権は、これまでのコロナウィルス対策の失敗をこの法律の改悪でごまかそうとしています。このような安倍政権に強大な権限を与えることは、戒厳令に等しい状況になる危険性があります。 また、改憲の緊急事態条項の先取りともいえます。
命と人権を奪う安部政権を退陣に追い込み、新型インフルエンザ対策特別措置法改悪に反対していきましょう。
<呼びかけ団体>都教委包囲首都圏ネットワーク(連絡先090-5415-9194)
添付ファイル エリア

 

反五輪運動の仲間への不当な家宅捜索に抗議する!

2020年2月18日(火)朝8時過ぎ、五輪反対をともに闘うAさんの居所(テント)に、不当にも家宅捜索(ガサ)が入りました。被疑事実は「免状不実記載」。令状をチラ見せしただけで、警視庁公安部公安二課警部・大林馨を始め、赤いベストを着た約30名もの私服警察が、生活空間に無理やり入りこんできました。睡眠を妨害され外に出され、写真を撮られ身体捜索。ヘアキャップを被った警察官が、コロコロをなめるようにチェックし「髪の毛ありました!」と毛髪計3本を押収、色々な物に粉をはたいて指紋を採取しようとしたり、「口の中からDNAを取らせろ」と要求してきました。Aさんが「任意ですか?」と聞くと「任意」だと。断りますと拒否したところ、「じゃあ、あとで強制するかも」と脅してくる。最悪です。
近所からの知り合いや駆けつけた仲間たちが抗議しましたが、警察は「被疑者の人権」を理由に写真撮影の邪魔をし、規制線からはるか遠くまで立ち入れないようにしました。一方、Aさんは寒い中、上着を着ることも許されず、「立ち会いしてもらわないと困る」と大勢の警察官に捜索が終わるまで取り囲まれたまま延々立たされ、トイレまで監視されました。何が「被疑者の人権」だ! あらゆる書類や持ち物をしらみつぶしに調べられ、捜索は約3時間半に及びました。
パソコンや携帯電話、手帳や身分証、銀行カードなど、個人情報が分かる私物をたくさん持ち去られました。そして終了間際、一度断ったにもかかわらず再度DNA採取を求められ、さらに、所轄署への任意同行を求められましたが、Aさんはなんとか断りました。
「免状不実記載」は、警察が気に食わない運動団体をつぶすために、活動家に弾圧をかけるにあたって出してくる微罪中の微罪です。住所移転の届け出をしてない人、忘れてる人など世の中にごまんといます。いつ誰がやられてもおかしくない、これは半年後に控えた東京オリンピックを目前に、反五輪の仲間を狙った弾圧であり、オリンピック反対運動を萎縮させようとする、警察権力による運動つぶしの嫌がらせに他なりません。
さまざまな事情により、身分証の記載とは、ことなる場所で生活をしている人たちは間違いなくたくさんいます。Aさんもその一人です。警視庁はほぼ同時刻に、Aさんの知人宅にも押しかけて不当捜索を行い、Aさんの物ではない、知人の大切な私物も押収しました。オリパラでやりたい放題の警察の暴挙です。絶対に許すわけにはいきません。
Aさんのところには、いつ何時また出頭を求めて警察が現れるか分からない状態が続いています。また、個人情報のうち、もっともセンシティブ情報といえる生体情報、DNA採取まで強制しようとする、今回の不当捜索の非道さを声を大にして糾弾せずにはいられません。民衆を監視・抑圧することでオリンピック・パラリンピックは成り立っています。反五輪運動を闘う私たちは、今回の不当な捜索を強行した警視庁公安、そしてその求めに応じて唯々諾々と不当な令状を発給した東京地裁裁判官を絶対に許しません。
私たちはAさんへの不当弾圧に徹底的に抗議し、反オリンピック運動つぶしと真っ向から闘います。
持ち去った私物をいますぐ返せ!一切触るな!オリンピック弾圧やめろ!警察公安をオリンピックもろとも解体するぞ!ともに抗議の声を!

2020年2月20日
反五輪の会 NO OLYMPICS 2020
2020「オリンピック災害」おことわり連絡会

救援カンパのお願い

反五輪を闘う仲間に対しての不当な弾圧に抗議します!
毛髪やDNA採取の要請など、究極の情報収集はアメリカ型の
テロ弾圧とも思えるもの。権力側の並々ならぬ決意を感じますが、
私たちはひるまず、断固闘いを継続します。
みんなの力で弾圧を跳ね返そう!

弁護士費用等、救援のためのカンパを呼びかけます。

よろしくお願いします。

カンパ振込先 郵振 00120-7-324492
「オリンピック災害」おことわり連絡会」

「オリンピック弾圧救援カンパ」と明記してください

★今後の取組やその他情報は、

反五輪の会 NO OLYMPICS 2020 (@hangorinnokai) | Twitter

2020年オリンピックおことわり!http://www.2020okotowa.link/

【オリパラおことわり【毎月24日】スタンディング】

7月24日の五輪開催日にあわせて毎月24日にスタンディング・アピールしています。今回は2月24日17時に東京駅!

弾圧に対しての抗議アピールもします!来てください!

2/29東京入管前抗議行動

2020年2月29日 15:00 品川駅港南口 入管行きバス乗り場前集合
品川駅港南口から東京入管までデモ行進したのちに東京入管収容所前で抗議と収容者激励行動を実施します。
主催  #0229東京入管前抗議

2・19入管問題を考える学習会

2月19日(水)
18時~20時半 港区立湊勤労福祉会館
第一集会室
講師 田中喜美子(牛久入管収容問題を考える会)
主催;救援連絡センター

2月17日(月)関西生コン対「週刊実話」民事裁判

13時~14時 東京地裁前で情宣、ビラまき

14時~14時半 警察庁抗議行動

15時15分~ 傍聴整理券交付

16時~ 705法廷 「週刊実話」弾劾、デマキャンペーン民事訴訟

10・京地検は「勾留延長請求」絶対するな!地検前行動》22天皇即位式弾圧・2名の仲間を今すぐかえせ! 《11・1東京地検は「勾留延長請求」絶対するな!地検前行動》

日時■11月1日(金) 午後2時
集合■日比谷公園霞門内(地下鉄『霞ヶ関』駅すぐ)→打合せ後、地検前に移動

※10月22日の天皇即位式反対デモ(500余名・銀座)で逮捕された3人の仲間のうち、
1人は25日に奪還しましたが、2人はいまだ獄中です。
1980年代に広がった大衆的な反天皇制街頭行動の命運がかかった弾圧です。

11月2日の勾留期限を前に、さらに10日の勾留延長を絶対させないために、
検察前で大抗議をします!ぜひ来てください!なかまをかえせ!

【救援カンパもぜひお願いします!】
弁護団は抗告や理由開示公判に全力を尽くしてくれています。ぜひカンパを!

送り先→【郵便振替00100-3-105440】「救援連絡センター」あて
※共用の宛先です。「10・22天皇即位式弾圧救援カンパ」と必ずご明記ください

【10・22天皇即位式弾圧救援会】