4・2学習会 カルロス・ゴーン日産前会長の長期の勾留から見る、日本の刑事拘禁と国際基準

カルロス・ゴーン日産前会長の長期の勾留で、日本の刑事拘禁のあり方に、国内外から注目が集まっています。
監獄人権センターでは、下記の内容で無料学習会を開催いたします

院内学習会「日本の刑事拘禁と国際基準─刑事施設内医療・人質司法の問題を問う」
日 時:2019年4月2日(火)午後5時30分~7時30分(開場:午後5時)
会 場:衆議院第二議員会館 地下1階第1会議室
講 師:海渡雄一(弁護士・監獄人権センター代表)
田鎖麻衣子(弁護士・一橋大学法学研究科非常勤講師)
参加費:無料
定 員:100名 ※事前予約不要、先着順※

カルロス・ゴーン日産前会長の長期の勾留で、日本の刑事拘禁のあり方に、国内外から注目が集まっています。
本人の健康状態の悪化に加えて、一部メディアでは「国際基準に反している」とまで報じられたものの、そもそも日本の刑事拘禁の何が問題なのか?国際基準とは何なのか?
といった基本的な情報を正確に把握し、理解する機会が、市民のあいだでも必要とされています。

このセミナーでは、

「重い病気を理由に、勾留や実刑を停止して、治療や入院はできる?」
「人質司法とは?どんな問題が起きているの?」

といったテーマを中心に、海外との比較も含め、わかりやすく解説します。
日本の刑事司法制度について知り、理解を深める機会になれば幸いです。

主 催:NPO法人 監獄人権センター
「2018年度ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」助成事業

問合せ:氏名、電話番号、連絡先(FAX 番号又はメールアドレス)を明記のうえ、メールかFAXで監獄人権センターまで

メール: cpr@cpr.jca.apc.org
FAX:03-5379-5055
http://www.cpr.jca.apc.org/about/event

2019-03-09 PM-23:20