差別・排外主義を許すな!10・21新宿ACTIONへの参加を!

 差別・排外主義に反対する連絡会は2010年来、毎年秋、新宿職安通りを中心にデモを行ってきました。コース沿いの商店などには事前にビラをもって挨拶に訪れ、当日は韓国語でもコールするなど、地域や沿道の人達へのアプローチは欠かせず続けてきた経緯があります。そしてデモは主に柏木公園を出発地と解散地として呼びかけてきました。ところがこの八月以降、新宿区は突然、柏木公園など新宿区内の三つの公園を集合場所として使わせない(使えるのは新宿中央公園のみ)と決定。商店街や住民の要望で「デモは迷惑」だというのが理由です。迷惑だから公園が使えず、デモが規制されるというのは独裁国家並みの暴挙です。
 小池都知事は昨年に引き続き今年も9月1日の関東大震災朝鮮人虐殺追悼式への追悼メッセージを取り止めました。極右レイシスト団体「そよ風」らが「朝鮮人虐殺はでたらめ」と碑の撤去を目標にした運動を強めています。レイシズムに同調する都知事を弾劾し、「そよ風」らの企みを打ち砕きましょう。同時に、公然と優生思想を煽る自民党衆院議員・杉田水脈の差別暴言も、沖縄と在日への差別・偏見・デマを煽る「ニュース女子」を放映し続けるDHCテレビなども、同根であり、こうした悪質なデマゴーグが権力中枢からメディアまで巣食う状況を看過するわけにはいきません。
 米国やヨーロッパでは、移民排斥運動やネオナチなどのレイシズムに抗する闘いが燃え広がっています。国内では川崎で今年も6月、8月とヘイトを許さない大衆行動が果敢に繰り広げられています。私たちも「生きる権利に国境はない」を合言葉に、国境を越えた反レイシズムの連帯行動を押し広げるために、10・21新宿デモを呼びかけます。
 50年前(1968年)の10・21は国際反戦デーとして新宿では数万の民衆が決起しました。 
今、新たな運動の一歩をともに創りだすために、10・21新宿ACTIONに多くのご参加を!
(差別・排外主義に反対する連絡会)
・集会賛同カンパ 1口 個人  500円   団体 1000円
・10月21日(日)
14時半 新宿アルタ前集合 15時~デモ出発
 
  差別・排外主義に反対する連絡会

2018-10-09 PM-16:42